オーダースーツ 安い

「初めて作るオーダースーツ、できれば手頃な価格で試してみたいなぁ」
「どこかコストパフォーマンスの良いオーダースーツ店はないかなぁ」

と気になったことはありませんか。

本記事では、そのような「価格帯は比較的安めのオーダースーツを購入してみたい方」、「コストパフォーマンスの良いオーダースーツを探している方」のためにオーダースーツの基本をはじめ、安くて良品質のオーダースーツ店について調査し、まとめてみました。

特にオーダースーツを試したことのない方の参考となる情報をお届けしたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. オーダースーツの基本と選び方

1-1. オーダースーツ・3つの種類について

オーダースーツは、大きく分けると「パターンオーダー」、「イージーオーダー」、「フルオーダー」の3種類があり、それぞれ以下のように特徴があります。

パターンオーダー

オーダースーツ 安い

パターンオーダーとは、「ゲージ服」と呼ばれるサンプルを試着し、既成サイズや既にあるシルエットから、体に合うサイズを選び、そこに着丈や袖丈などの微調整を加え、好みのフィット感やサイズ感でスーツを注文する方法です。

オーダースーツの種類の中で言うと、既製品に最も近い形で、大量生産の工程で作ることが一般的なため、価格は抑えめでまた納期は比較的早め(3〜4週間)なのが特徴です。そのため、オーダースーツを早く手に入れたい、標準体型で問題ないけれども、袖丈など細かい部分を変更したいという方向けです

 

イージーオーダー

オーダースーツ 安い

イージーオーダーとは、生地やデザインを選び、縫製工場が持っている服のパターン(型紙)をベースにデザイン的な補正、体型的補正を加え、好みの1着を作るオーダー方法です。

スーツの元となる「型紙」を作らずに、縫製工程を機械で仕立てる「マシンメイド」で作り上げるため、コストを抑えることができます。フルオーダーとパターンオーダーの良いところ取りな注文方法のため、標準体型では合わないところがあるけれど、手軽にオーダーしてみたい、という方向けです

 

フルオーダー

フルオーダーとは、その名の通り何から何まで指定し好みの1着を作る、究極のオーダー方法です。お客さまの体型を細く採寸してから、オリジナルのパターン(型紙)を起こし、裁断した生地をしつけ糸でスーツの形に縫い上げた状態でお客さまにフィッティングを行う「仮縫い(かりぬい)」が特徴的。この仮縫いがあることにより、一人一人異なる体型に合うサイズやデザインの微調整を行い、体型にぴったり合う世界に一着のスーツを仕立てていきます。

手間、時間、費用ともに最もかかるオーダー方法ですが、長く愛用できる一着を注文したい方、本当に大切な一着を仕立てたい方向けです。注文から納品まで時間はかかりますが、その分、仕上がったスーツを着る喜びはひとしおでしょう。

以上3つが、オーダースーツの種類となります。

なお、今回の記事では安く良品質のオーダースーツについて紹介していきますので、紹介するスーツの種類は「イージーオーダー」、「パターンオーダー」が基本となります。まずは簡単で結構ですので、それぞれの違いをしっかりと押さえてくださいね。

もし、読者の皆さんが、

・オーダースーツを作る前の注意点について詳しく知りたい
・オーダースーツを作る流れについて一通り知りたい

という場合は、「オーダースーツを初めて作る時に気をつけたい4つのポイント」で紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

 

1-2. オーダースーツのメリットとデメリット

近年では既製品、または吊るしと呼ばれる既製スーツでも色や柄のバリエーションが多く、買っても損のない良品質のアイテムが増えてきてますが、それでもオーダースーツという選択肢を選ぶべきメリット、また知っておくべきデメリットについて説明をしたいと思います。

オーダースーツ 安い

<オーダースーツのメリット>
①自分の体型に合うスーツを作ることができる点
②自分の納得がいく好きな生地やデザインでスーツを作ることができる点
③長く愛用できる1着を作ることができる点(コスパに優れている)
④体型が変わらない限り、同じパターンで作成ができ、リピート時の注文が楽な点

従来、オーダースーツに対して持つ第一印象として「オーダースーツ = 高級で作るのが面倒」というイメージを持つ方が多いようでしたが、実は「オーダー」って良いことばかりです。最初のハードルこそ高く感じますが、自分の体型に合い、自分が本当に欲しい色や柄のスーツを選べるオーダーの魅力にハマると「スーツはずっとオーダーにしたい」という人も少なくありません。

オーダースーツ 安い

<デメリット>
①採寸、生地や柄決めなど購入前に時間がかかる点
②注文から完成までに時間がかかる点(例:約3週間〜8週間)
③完成形が出来上がるまでわからない点
④既製品よりも価格が高くなる点(*フルオーダースーツなど)

メリットのところで少し触れたように、たしかに購入前のステップには時間や手間がかかります。しかし、④の価格については、近年では安くオーダースーツを作れるお店も出てきていますので、必ずしも「オーダー = 全てが高い」という訳ではありません

そのため、もし、読者の皆さんが「オーダースーツ = 高くて良品質なもの」という印象をお持ちであれば、本記事を機に「オーダースーツ = 安く良品質なものもある」という印象をお持ちいただければと思います。

 

1-3. オーダースーツの相場について

オーダースーツ 安い

「1-1. オーダースーツ・3つの種類について」で紹介した通り、オーダースーツには「パターンオーダー」、「イージーオーダー」、「フルオーダー」の3つの種類があります。

それぞれの相場感をまとめると、

・パターンオーダー:20,000円〜(安)
・イージーオーダー:50,000円〜200,000円前後(中)
・フルオーダー:200,000円〜1,000,000円以上(高)

となります。

「スーツの価格は天井知らず」と表現されるように、ブランドによって価格帯は変わりますが、相場のイメージとしては、1着作るまでにかかる手間、つまり職人が全て手縫いで仕上げるかどうか、お客さま1人のためにスーツの原型となる型紙を作るかどうか、などで価格に差が出てきます。

簡単に言えば、①パターンオーダー、②イージーオーダー、③フルオーダー、の順番で高くなると覚えておくと良いでしょう。

もし、読者の方がオーダースーツのデザインについて疑問がある場合は、「オーダスーツを初めて作るときに知っておきたいおすすめデザイン集」で詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

2. 良品質&低価格のオーダースーツ・3つの条件

2-1. 上襟の裏側に「ヒゲ」がある

(上襟の裏側に生地を折り返して縫い付けている)

安いオーダースーツでも、良品質である象徴のひとつは「上襟の裏側に生地を折り返して縫い付けているかどうか」

オーダースーツ業界では、このひと手間を「ひげ襟(ひげえり)」と呼びます。この縫い付けがあることで上襟のハネを防ぎ、襟を立てた時のシルエットはより美しくなり、また上襟のサイズ調整ができるとされ、この「ひげ処理」が高級スーツの証とされています。(この仕上げ自体、非常に手間がかかります)

誤解のないように説明すると、上襟のサイズを調整する、、ことはまず滅多にありませんが、このように「見えないところにまで手間をかけている」という職人の粋が良いスーツの証、というわけです。

 

2-2. 接着芯ではなく毛芯を使っている

(襟裏にステッチがある場合は毛芯が使われている証拠)

続いて、良いスーツかどうか?を見分けるポイントとしてチェックしていただきたいのが、「スーツの型崩れを防ぐ芯地(しんじ)に毛芯(けじん)が使われているかどうか」

結論から言うと、「毛芯が使われているスーツ = 良いスーツ」であり、「襟の裏にステッチがあるかどうか」で見分けることができます。

詳しく説明すると、芯地には「接着芯」と「毛芯」の2パターンがあり、接着芯は合成樹脂系接着剤を使用した簡易芯地を指します。

接着芯の場合、アイロンなどの熱処理で張り合わせるため、作業は安易ですが、接着剤を使う分、湿気や温度、水に弱く、一度ずぶ濡れになってしまうとスーツの表面に「ぽこぽことした浮き」が見られるようになります。こうなってしまっては元に戻すことは難しく、せっかくのスーツも台無しとなります。つまり、良いシルエットを長く保つための加工方法としては、接着芯はベストではないと言えます。

そして、毛芯の場合は、馬の尻尾の毛を使ったもので耐久性と適度なハリがあり、これらの特徴がスーツの綺麗な型を保つのに一役買うというわけです。紳士服業界では、「襟元(ラペル)がふっくらしたスーツは良いスーツ」と表現されますが、その差はまさにこの芯地の差と言えます。

 

2-3. 柄合わせができている

(スーツ全体で柄のズレがないのは職人技の証拠)

最後に、いいスーツの見分け方のひとつとしてチェックしたいのが「柄合わせができているかどうか」。簡単に説明すると、「チェック柄など生地でできたスーツの完成品の全体を通し、柄のズレがないかどうか?」を指しています。

もともと、オーダースーツ業界では、仕立ての良さのレベルがわかる指標のひとつとされ、ポケットの柄、肩の縫い目など、スーツ全体を見たときに綺麗に柄が揃っているか?で仕立てる側の腕がわかる、というわけです。

価格が安くてもこの柄合わせが綺麗であれば、細部まで着る人のことを考えてスーツを仕立てている証拠ですので、チェックしてみてくださいね。

 

3. 予算3万円以内・良品質で安いオーダースーツ店9選

このチャプターでは、3万円以内で購入できるオーダースーツ(上下セット)のお店情報についてご紹介をしたいと思います。(*生地のグレードによって3万円以上となるラインナップもありますが、ここではその情報はあえて省き、3万円以内で買える価格帯のものに絞っています)

安い価格でも品質の良いオーダースーツが買えるお店を知り、ぜひオーダースーツの良さを知るきっかけにしてくださいね。

3-1. オーダースーツSADA(佐田)

価格 初回お試しスーツ・19,800円(税抜)
納期 4週間前後
注文方法 店舗購入(イージーオーダー)
保証内容 1ヶ月以内・お直し無料(*店舗で採寸〜購入の方のみ)
ポイント 生地企画から製造・販売まで一貫して自社生産にこだわることで、初回限定19,800円を実現するオーダースーツのSADA。20ヶ所の採寸、300種の基本サイズから一人一人の体型、好みに合うものを選んでいただけるので、スーツの品質はお値段以上と断言して間違いないでしょう。
公式HP http://www.ordersuit.info

3-2. DANKAN(ダンカン)

価格 上下・17,000円(税抜)、ツーパンツ付・21,800円(税抜)
納期 約3〜4週間
注文方法 店舗購入(イージーオーダー)
保証内容 1年以内・ウエスト、股下のお直し無料
ポイント 「良品質な商品をよりリーズナブルに」という思いから、企画・実現したツーパンツ付きで21,800円のラインナップをはじめ、コストパフォーマンスの高い商品を販売するダンカン。イタリア、イギリスで買い付けたインポート生地の仕入れ力もダンカンの強みで、約200〜300種の中から選べるのも大変魅力です。
公式HP http://dankan.co.jp

3-3. 吉田スーツ

価格 29,000円(税抜)
納期 約4〜5週間
注文方法 店舗購入(パターンオーダー)
保証内容 特になし
ポイント 20代、30代中心にワンランク上のお洒落さを求める男性が足を運ぶ吉田スーツ。熟練スタッフに相談をしながら、生地やデザインを選び、自分好みのスーツを作る楽しさを感じさせてくれるお店で、ビジネスシーンだけでなくプライベートでも兼用できるスーツを相談し、オーダーできるのも嬉しいポイントです。
公式HP http://www.yoshida-suit.com/yoshida.htm

3-4. SUITS SELECT(スーツセレクト)

価格 28,000円(税抜)
納期 約3〜4週間
注文方法 店舗購入・ネット購入(パターンオーダー)
保証内容 特になし
ポイント トレンドをフォローしたアイテムが多く、 20代〜30代中心に大手スーツ量販の1社として人気のスーツセレクト。いわゆる既製品のラインナップの印象が強い同社ですが、実は28,000円と手頃な価格でオーダースーツを作ることができます。普段、スーツセレクトで既製品を選んでいる方は、一度、オーダーにトライしてみてもいいかもしれません。
公式HP http://www.suit-select.jp

3-5. F-ONE(エフワン)

価格 29,800円(税抜)
納期 約3〜4週間
注文方法 店舗購入(イージーオーダー)
保証内容 特になし
ポイント 大阪・東京を中心に全国に店舗をかまえる老舗オーダースーツ店のエフワン。バリュープライスを追求し、定番からトレンドまで取り揃えたラインナップ、エフワンオリジナル生地など、エフワンでしか作れない1着をオーダーする楽しさがあります。
公式HP http://www.f-one.co.jp/menu.php

3-6. ビックヴィジョン

価格 23,000円(税抜)
納期 約4週間
注文方法 店舗購入(イージーオーダー)
保証内容 特になし
ポイント 生地の仕入れ、縫製、オリジナル企画の生地在庫をもち、「オーダースーツでありながら、既製品よりも安い価格で商品を提供する」を長年守り続けるオーダースーツ専門店のビックヴィジョン。ビジネスシーン向きの生地を豊富に取り揃えながらも、安く良い品質のオーダースーツを購入できる老舗店です。
公式HP http://big-vision.co.jp/buy/index.html

3-7. bref(ブレフ)

価格 28,000円(税抜)
納期 約10〜14日間(*年末年始、GW期間、夏季等の一部期間は除く)
注文方法 店舗購入(パターンオーダー)
保証内容 特になし
ポイント 英国テイスト、イタリアンテイスト、オリジナルテイストの3モデルからシルエットが選べ、オーダーができるブレフ。自社国内工場での縫製により、基本納期は約10日〜ですが、急ぎの場合は最短なんと7日で対応もしていただけるそうです。価格の安さに加え、この納期の速さは一つ頭を抜けて魅力ですね。
公式HP http://www.bref.jp

3-8. TAILOR FIELDS(テーラーフィールズ)

価格 23,000円(税抜)、26,000円(税抜)
納期 約4〜5週間
注文方法 店舗購入・ネット購入(イージーオーダー)
保証内容 購入から 6ヶ月以内・お直し無料(場所問わず)
ポイント プロボクサーの村田諒太選手、セレッソ大阪や阪神タイガースなどをはじめ、スポーツ業界でオフィシャルスーツサプライヤーとして認知を持つテーラーフィールズ。トライアルラインの23,000円モデル、ビジネスラインの26,000円モデル、と価格帯ごとに仕立ての違いがわかりやすい点、また価格が安い点など、エントリーモデルをお探しの方にはぴったりのお店の一つです。ネット購入もできますが、採寸もありますので1着目はまず実店舗で採寸、生地を確認してから購入が推奨のようです。
公式HP http://www.tailorfields.com

3-9. OSV(オーエスブイ)

価格 30,000円(税抜)
納期 約2週間
注文方法 店舗購入(*セミオーダー)
保証内容 購入から1年間・お直し無料(*肩、着丈、股上は除く)
ポイント パターンオーダー方式でさらに緻密にお客さまの体型にサイズを合わせるセミオーダー方式でオーダーができるオーエスブイ。業界トップレベルと評される納期の早さ、また価格の安さが強みです。購入から1年間はお直し無料で対応いただける点も顧客目線だと非常にありがたく、体型変化があるかな、、という方にはぴったりでしょう。
公式HP http://www.smartclothing-osv.com/index.html

4. 番外編|LaFabric(ラファブリック)

LaFa1

カスタムライフを運営する、オーダースーツ・シャツの通販サイト「LaFabric」のご紹介です。

メインとなるオンラインショップ、リアル店舗となる渋谷店、そして期間限定のポップアップストアを通じ、「オーダースーツ、オーダーシャツをより身近な存在に」感じていただけるよう、メイドインジャパンの高品質な1着をお作りしています。

価格 44,800円(税込)
納期 約5週間
注文方法 店舗購入・ネット購入(パターンオーダー)
保証内容 5,000円以内・お直し料金の負担サービスあり
ポイント オンラインでオーダスーツ、シャツを1着からカスタムオーダーできるメンズ向け通販サイトです。オンラインでオーダー商品を注文できるLaFabricでは、ショッピングを楽しんでいただくにあたり、ご自身の体型情報の登録が必要となるため他のオーダースーツ店とは一風変わった最先端のオーダー体験をお楽しみいただけます。リアル店舗となる渋谷店では、新商品の生地サンプル、無料で採寸などのサービスを気軽に体験いただけます。
公式HP https://lafabric.jp

5. 編集部あとがき

以上、安くて良品質なオーダースーツについての紹介でした。

自分の体型にぴったりのオーダースーツは、見た目の良さに合わせ、着心地の良さ、さらには身体にフィットしていることで日常生活での負担も少ないため、身体にも負担がかかりません。

長く愛用できるという面も含め、トータルで見てもオーダースーツは既製品のスーツよりもコストパフォーマンスに優れていると断言できます。そのため、オーダースーツをお持ちでない方、またどこか良いところがないかとお探しの方は、本記事を参考に手頃な良品質なオーダースーツを体験してみてくださいね。