オーダースーツ おすすめ

オーダースーツを作ろう!と思っても、なかなかお店を探すのに手間取ってしまいますよね。加えて、いざお店に行ってもデザインが豊富に選べるがゆえに、どのデザインがいいのかわからず迷ってしまう、なんてことも。

今回はオーダースーツを作るのにおすすめのお店と、着用シーンに合わせておすすめのデザインをご紹介します。

それぞれのお店に関するおすすめポイントをまとめているので、比較して自分に合ったお店を選んでくださいね。

1. オーダースーツの基本

まずはオーダースーツを作る前に、これだけは知っておきたい!オーダースーツの基本についてご紹介します。

1-1. オーダーの種類は3種類

一言でオーダースーツと言っても、作り方によって3つの種類があります。作り方によって特徴があるので、お店を選ぶ際にどういった手法で作られるのかを確認してみてくださいね。

【注意】
オーダー方法に関しては明確な基準があるわけではなく、どのようなオーダー方法名を名乗るかはそれぞれのお店に任されています。出来上がるまでの流れなどを確認して、オーダー方法の特色やかかる時間などの判断が必要な場合もあります。特にパターンオーダーイージーオーダーの違いは曖昧なので、オーダースーツを作る時は、期間や選ぶことができる箇所・サイズの選び方などに注目してみてください。

フルオーダー
オーダースーツ

何から何まで指定できるオーダー方法のことで、サイズや生地だけではなく細かいデザインまで、専門のスタッフと一緒に作り上げる方法です。長く使う、本当に大事な一着を作りたいという方におすすめです。

パターンオーダー
オーダースーツ

ゲージ服と呼ばれる既製服で大体のサイズを選び、そこに微調整を加えるオーダー方法のことで、どちらかといえば既製服に近い形です。大量生産の工場ラインにのせるので安くて早いことが特徴です。比較的すぐにオーダースーツを作りたいという方におすすめです。

イージーオーダー
オーダースーツ

採寸したサイズに合わせて豊富な型紙の中から合うものを選び、調整を加えて仕上げるオーダー方法のことで、フルオーダーとパターンオーダーの中間の方法です。価格を抑えつつ自分のこだわりの一着を作ることができます。現在多くのお店で取り入れられている手法です。

オーダースーツを初めて作るという場合は、比較的短い時間で、本格的なオーダースーツを作ることができる、イージーオーダーがおすすめです。

【注意】
パターンオーダーを名乗っているお店でも、身体を採寸して一つ一つパーツを合わせていく、イージーオーダーと同じような流れで作るお店もあります。オーダー方法の名前だけで判断するのではなく、どのような手法で作っているのかや、ちゃんと自分に合ったオーダースーツが作ることができそうかなどを、確認して選んでみてくださいね。

1-2. オーダースーツをかっこよく作るポイント

オーダースーツ

作るなら自分が納得できるようなオーダースーツを作りたいですよね。オーダースーツをかっこよく作るために押さえておきたいポイントが4つあります。

《オーダースーツを作るポイント4つ》

(1)しっかり欲しいスーツのイメージを持つ
どんなシーンで着るスーツを必要としているのか、具体的なイメージを持つと、豊富な生地やデザインの中から選ぶことができます。

(2)生地は触って確かめる
どのくらい柔らかいのか、光沢感があるのかなどを触って確かめましょう。オンラインの場合は、生地メーカーを確認してみましょう。

(3)採寸の時は薄手の服を着る
サイズをあわせるために、採寸で正確な数値を取れるようにするためです。オンラインの場合は、お店が紹介している採寸方法を守りましょう。

(4)2着目以降は、前回の反省を活かす
2着目以降はサイズ情報が蓄積されているので、比較的簡単に作ることができます。サイズやデザインで気になるところは積極的にお店側に伝えましょう。

以上、4つのポイントをおさえて、あなただけのかっこいいオーダースーツを作ってくださいね。

関連記事:オーダースーツのメリットやデメリットなどを詳しく知りたい方は、こちら。
「オーダースーツを初めて作る時に気をつけたい4つのポイント」

2. 決定版 オーダースーツのおすすめのお店

たくさんあるオーダースーツのお店。価格帯とおすすめポイントをまとめましたので、比較検討に役立ててください。

2-1. 実店舗でじっくり作る

実店舗でじっくり作るオーダースーツのメリットは、

・専門のスタッフ(テーラー)と相談しながら決めることができる
・生地を実際に触って確かめることができる
・完成までに修正することができいる(フィッテング)

というところです。数多くある実店舗のお店の中でも、特におすすめのお店を「店舗数・生地やオプションの数・スタッフとの会話」で評価し、ランキングにしてご紹介します。

[補足]
今回ご紹介するお店はどれもオンラインショップもありますので、近くに店舗がない場合はそちらをご利用ください。

1位 麻布テーラー
店舗数 ★★★★☆
生地やオプションの数 ★★★★★
スタッフとの会話 ★★★★★

公式HP http://www.azabutailor.com/
料金 37,000円+税〜
納期 約4〜5週間
保証サービス 注文日から6ヶ月以内は無料で微調整可能(*適用には基準あり)
店舗 北海道・関東・関西・九州に25店舗
店舗紹介ページ

麻布テーラーは、圧倒的な顧客数を誇る、オーダースーツの大人気店です。リピーター率も高く、スタッフも高い専門性を誇ります。

1番人気の「クラシコイタリア」モデルは、着心地にこだわったナチュラルな仕立てです。生地が3,000種類から選ぶことができ、オプションが豊富なので、選択肢が多すぎるように感じるかもしれませんが、信頼できるテーラーさんとじっくり相談することであなたにぴったりの一着を作ることができるはずです。

 

2位 Global Style(グローバルスタイル)
店舗数 ★★★☆☆
生地やオプションの数 ★★★★☆
スタッフとの会話 ★★★★☆

公式HP http://www.global-style.jp/
料金 38,000円(+税)〜
納期 約1ヶ月〜2ヶ月
保証サービス 仕上がり後3ヶ月間の無料仕立て直しと返金保証
店舗 東京・名古屋・大阪に11店舗
店舗紹介ページ

オーダースーツを2着注文すると、合計で48,000円(+税)〜という買い方もできます。一人で2着買っても、友人や仕事仲間と2着買っても問題ありません。予算に合わせて専門のスタッフと相談しながら進めることができます。

また、個室のフィッティングルームを用意してある店舗もあるので、気兼ねなくオーダーを楽しむことができますね。

 

3位 ONLY(オンリー)
店舗数 ★★★★★
生地やオプションの数 ★★★☆☆
スタッフとの会話 ★★★☆☆

公式HP http://only.co.jp/
料金 38,000円(+税)〜
納期 約2週間前後
保証サービス ショップにて要相談
店舗 全国に60店舗以上
店舗紹介ページ

2つの低価格帯で提案した「ツープライススーツ」の先駆けとなったONLY(オンリー)。既製品だけではなくオーダースーツも取り扱っています。なんと6種類ものモデルから選択することができます。

人気はシングル2つボタンの「マンハッタン」モデル。全国に店舗があり、40を超える店舗ではジャケットのサイズサンプルを着て身体にあったスーツを注文できます。シャツやネクタイなど、ビジネスに必須のアイテムを多く取り扱っているので、ついで買いも可能です。

 

2-2. オンラインで簡単に作る

最近、オンライン上で注文できるお店が増えています。「2-1. 実店舗でじっくり作る」のお店も、オンラインショップも併設しています。オンラインでオーダースーツを作るメリットとしては、

・いつでもどこでも、自分の好きなように注文できる
・一人で心ゆくまでじっくりと悩むことができる
・比較的高品質の生地で安く作ることができる

などが挙げられます。オンラインショップの中でもおすすめのお店を、「サイトの分かりやすさ・生地やオプションの数・価格」で評価し、ランキングでご紹介します。

1位 LaFabric(ラファブリック)
サイトの分かりやすさ ★★★★☆
生地やオプションの数 ★★★★☆
価格 ★★☆☆☆

公式HP https://lafabric.jp
料金 税込44,800円〜
納期 約5週間
保証サービス 商品到着30日以内修繕無料、お直し5,000円を負担

世界各国から厳選した生地のラインナップの中から、好みの生地を選ぶことができるLaFabric(ラファブリック)。日本製にこだわり、すべて国内の工場で職人の手が入りながら仕上がっています。

サイズに関しては、動画を見ながら誰でもかんたんにサイズを登録することができます。東京都内であれば出張採寸もしており、ショップでの採寸もすることができるので、自分で測るのが不安という方もあんしんです。

 

2位 SUR MESURE(シュール・ムジュール)
サイトの分かりやすさ ★★★☆☆
生地やオプションの数 ★★★☆☆
価格 ★★★☆☆

公式HP http://www.surmesure.jp/
料金 38,800円+税〜
納期 約4〜5週間
保証サービス 問い合わせたら対応してくれる場合あり

一つ一つの仕様やデザインの説明を話すように進む手軽なオーダー方法を目指している、SUR MESURE(シュール・ムジュール)。混紡や天然素材を扱っているスタンダードラインと、海外産の高級素材を扱い、1人の職人が工程のほとんどを担当するプレミアムラインがあります。ガイドページが充実しているので、初めて注文する前には読み込みたい情報がたくさんかいてあります。

 

3位 iTailor(アイテーラー)
サイトの分かりやすさ ★★☆☆☆
生地やオプションの数 ★★☆☆☆
価格 ★★★★☆

公式HP http://www.itailor.jp/
料金 15,300円+税〜
納期 6週間以内
保証サービス メールにて相談

アメリカ生まれのサービスで40年を超える歴史を持つ、iTailor(アイテーラー)。450以上の生地から選ぶことができ、160ヶ国以上に発送しています。自分が選択したデザインを3Dで表現してくれるので、出来上がりのイメージを持ちやすいことが特徴です。ただし、まだ日本語では使いにくいサイトなので、今後の展開に期待大です。

以上、おすすめオーダースーツのお店をご紹介しました。たくさんのお店がありますので、自分の住んでいる地域にあるのかや、価格帯などで自分の希望にあったお店を見つけてくださいね。

 

3. 迷わないためのデザイン集

いろいろな細部のデザインについてご紹介してきましたが、結局どれを選べばいいのかが迷いどころだと思います。大きく3つに分けておすすめのデザインをご紹介しますので、オーダースーツを作る時に参考にしてくださいね。
それぞれの部分の詳しい説明については「5. オーダースーツを作る時に役立つデザイン詳細」をご覧ください。

3-1. 鉄板のビジネス用デザイン

【ジャケットのボタン】 3つもしくは2つ
【ラペル(下襟)】 ノッチド・ラペル
【ポケット】 フラップポケット
【パンツカフス(裾)】 シングル
【パンツタック】 ノータックもしくはワンタック(シングルタック) など

固い職場も含め、ビジネスでマルチに使えるデザインのポイントは、「シンプルにこだわる」ということ。オーダースーツとは言っても、なるべくノーマルなデザインを選ぶようにしましょう。また、スーツの色は濃紺やチャコールグレーがおすすめです。

3-2. 個性を出したい時用デザイン

【ジャケットのボタン】 2つもしくはダブル
【ラペル(下襟)】 セミピークド・ラペルもしくはナローラペル
【ポケット】 スラントポケット
【パンツカフス(裾)】 ダブル
【パンツタック】 ノータック など

スーツを着るとは言っても、オフィスカジュアルOKの職場や休日にも着るという場合は、少しデザイン性にこだわってみましょう。ただし全ての装飾性を高めるとごちゃごちゃして見えてしまうので、何箇所かに限定して実践してみてくださいね。色もグレーやブルーにすると、小粋なおしゃれに見えます。

3-3. 大切な時に着る礼服用デザイン

【ジャケットのボタン】 1つ
【ラペル(下襟)】 ピークド・ラペル
【ポケット】 ノーフラップ
【パンツカフス(裾)】 シングル
【パンツタック】 ワンタック(シングルタック) など

結婚式の披露宴やパーティーなどに行く用のスーツでは、ぜひピークド・ラペルを取り入れてみましょう。胸元を華やかに演出してくれます。また、細かいデザインにこだわることで、他の人とは一味違ったおしゃれを楽しむことができます。スーツの色はブラックにしましょう。

4. オーダースーツを作る時に役立つデザイン詳細

オーダースーツを作るときの楽しさは、

・豊富な生地の中から好みの生地を選べること
・細かい仕様を自分で決めることができること

など、自分で作り上げることを実感できることです。ただし、選択肢が多すぎると迷ってしまいますよね。オーダースーツで自由に選ぶことができる主な部分についてそれぞれ解説します。オーダースーツを作る時に参考にしてくださいね。

4-1. 全体的なスタイル(国別の特徴)

一言で「スーツ」と言っても、様々なスタイルがあります。スタイルとは細かい部分ではなく、スーツの大まかな雰囲気やフィット感などを決めるものです。オーダースーツのお店では「スタイル」や「モデル」と呼ばれ、何種類か用意しているところが多くなっています。国名が付いている場合も多く、大体のところのスタイルについてご紹介します。

ブリティッシュスタイル(イギリス)

スーツのルーツはイギリスにあると言われています。伝統あるイギリスのスーツスタイルは「すっきり・カッチリ」が特徴的。肩幅は小さくタイトめに仕上げており、ウエストは若干絞り込んだシェープド・ライン。着丈はやや長く、袖口もタイトです。

柄としては無地が好まれ、ダークブルーやダークグレー、ネイビーが一般的によく着用されています。背が高く、細めの体型の方に特におすすめです。また、商談や取引先への訪問が多い方にも選ばれています。

 

イタリアンスタイル(イタリア)

個性をアピールすることに重点を置いているイタリアンスタイル。常に時代のトレンドを取り入れてきたため、時代とともに新しい素材や技術を取り入れてきました。

全体的なスタイルとしては柔らかめで、首から肩幅までしなやかなラインが特徴的。ヒップラインを強調するため、ジャケットはやや長めで真ん中にスリットが入っています。個性を出したい方やセクシーな雰囲気を出したい方におすすめです。イタリアはさらに「ナポリ」「ミラノ」「ローマ」「フィレンツェ」など地域によっても若干スタイルが異なります。

 

アメリカンスタイル(アメリカン)

多種多様の人が住むアメリカは、どんな体型の人にでも合うような既製品のスーツを生産してきたという歴史があります。その特徴は、「ゆったりめ」というところ。ウエストは絞りが少ないボックス型のシルエットで、肩も肩幅やラインに沿って作られて自然と下がるシルエットです。

パンツもやや太めで包み込むようなスタイルです。男性的なかっちりとした体型の方に特におすすめですが、着る人の体型を選ばないことがアメリカンスタイルの一番の特徴。機能性に重きを置いており、全体的にストレートな雰囲気に見せてくれます。

4-2. ジャケットのボタン数

ジャケットのボタンを気にしたことがありますか?基本的に、ボタンの数が減れば減るほど空きが大きくなるので、シャープな印象になります。1つボタン以外は1番下のボタンは外して着用しましょう。

関連記事: ジャケットのボタンの締め方を含めて、スーツを着る時の正しいマナーが知りたい方は、こちら。
「ビジネススーツのマナー |恥をかく前に知っておきたいルールを解説」

1つボタン

格式高いタキシードやモーニングコートなど、フォーマルスーツに多い1つボタン。様々な見解がありますが、ボタンの数が少ないほどフォーマルとされているようです。ただし、フォーマルすぎるので普段のビジネスシーンには向かないボタンの数といえるでしょう。

 

2つボタン

もっとも一般的なのは2つボタン。ビジネスに使え、かつシャープな印象も与えてくれます。入学式や卒業式、就職活動から普段のビジネスシーンまで使える万能さです。ボタンは上だけ留めるのが通例で、下まで留めてしまうと人によっては野暮ったく見えてしまうこともあります。

 

3つボタン

真面目な印象を与えてくれる3つボタン。誠意を見せたいときや、固い雰囲気の職場などにおすすめです。
基本的に1番下以外の2つのボタンを留めますが、「段返り」と呼ばれる襟の折り返しの始まり部分が1番上のボタンにかかっている場合は、真ん中のボタンだけを留めるようにしましょう。無理やり1番上を留めてしまうと不恰好になってしまうので気をつけましょう。

 

ダブルスーツ

今までご紹介したものはボタンが1列に並んだシングルスーツでしたが、ボタンが2列に並んだものをダブルスーツと呼びます。最近世界中でファッショニスタが愛用する流行の形です。
ボタンの数は一般的に各列1個〜4個程度ついており、多少ばらつきがあります。

ビジネススーツにおすすめ!
最近の流行は2つボタン
基本的には自由です。

4-3. ラペル(下襟)の形と幅

ラペルとは、ジャケットの下襟の部分を指します。ちなみに上の襟のことは「カラー」と呼びます。スーツの表情を決める部分です。

[豆知識]ゴージとは
上襟と下襟の接点にある「襟の切れ込み」の部分をゴージ(もしくはゴージライン)と呼びます。
この部分の位置の高低や角度で見栄えが変わります。
ゴージラインと中に着るワイシャツの襟が平行になっているときれいに見えます。
オーダースーツ おすすめ

ノッチド・ラペル
「V字型の刻み」を意味するラペルで、ゴージラインがまっすぐになっています。あらゆるシーンに対応し、最もベーシックなデザインで、ビジネスシーンでは基本のスタイルです。

ピークド・ラペル
「先の尖った」を意味するラペルで、先端が上向きで鋭角なものを指します。ドレッシーな印象になるので、フォーマルスールやダブルスーツに多いスタイルです。

セミピークド・ラペル
ピークド・ラペルの角度をやや水平にしたラペル。ピークド・ラペルよりも優しい印象になります。ドレッシーになりすぎずに遊び心を取り入れることができるので、フォーマルにもビジネスにも両方使用できる万能タイプです。

ビジネススーツにおすすめ!
最もベーシックなノッチド・ラペルがおすすめ。

[豆知識]ラペルの幅
ラペルは幅にも違いがあります。

◆レギュラーラペル
現在、平均的なラペルの幅は7.5cm〜8.5cmと言われています。(*時代やお店によって多少数値は変わります。)

ナローラペル
「細い」を意味するナローとついている通り、5cm〜7cm前後の細い幅のラペルです。細身のスーツによく合います。

ワイドラペル
幅9cm〜10cm前後の広い幅のラペルです。風で舞い上がらないように重くしてあり、固く加工してある場合もあります。がっちりとした体型の人におすすめです。

基本的にはラペル幅はネクタイの幅と合わせることがルールになっていますので、オーダースーツを作る時は手持ちのネクタイの幅を測ってラペルの幅を決めてみましょう。

4-4. ジャケットのポケット

オーダースーツを作る時に想像以上に多いのがポケットの種類。オーダースーツを作りに行く前に何種類かだけでも知っておくと便利です。

フラップポケット
多くのスーツで採用されている種類で、「雨蓋ポケット」とも呼ばれています。雨やほこりが入らないようにするための蓋のことです。取り付けの角度は水平です。屋外では出して、屋内では入れておくのが通例です。

チェンジポケット
ジャケットの右側の腰ポケットの上についている小さいポケットを指します。「チェンジ」は「小銭」を意味し、その名の通り小銭を入れるポケットとして活躍しました。ウエストの位置が高く見えるので、脚長効果に期待できます。

スラントポケット
若干斜めにカットされた腰ポケットで、もともとはイギリスの乗馬服についていたものだそうです。物が取り出しやすく、また落ちにくくするためのデザインでしたが、ポケットに物を入れない場合でもその角度ゆえに、視覚効果によって体型をスタイリッシュに見せてくれます。

ノーフラップポケット
蓋のないポケットです。玉縁ポケットとも呼ばれます。フラップはもともと室内では外に出さないもので、こちらのノーフラップポケットは室内で着用することが多い、タキシードなどのフォーマルタイプのスーツに取り付けられることが多いものです。

ビジネススーツにおすすめ!
ベーシックな場合は「フラップポケット(*お店によってはノーマルなど名称が変わります)」、少し個性を出したい時は「スラントポケット」がおすすめ

4-5. パンツカフス(裾の形)

パンツの裾のデザインは大きく分けて2種類あります。既製品であっても、「裾の仕上げはシングルとダブルどちらにしますか?」と聞かれたことがあるのではないでしょうか。オーダースーツでも選べるので、それぞれの特徴を押さえておきましょう。

シングル
折り返しがない裾上げをシングルと呼びます。一般的な形で、どんなシーンでも着用しやすいデザインです。特にフォーマルなモーニングやタキシードなどは絶対にシングルを選びましょう。

ダブル
裾上げを折り返した形をダブルと呼びます。シングルと比較するとカジュアルな雰囲気があります。また、ダブルの折り返しそのものの重さや、折り返しの中に入った重りで、パンツの裾をピンと伸ばすことができるというメリットもあります。

ビジネススーツにおすすめ!
ビジネス用のオーダースーツを作る時は、パンツの裾に部分に関して決まりはないので、好きな方を選んでください。
2015年現在はダブルが流行しており、おすすめです。ダブルの幅に関しては、体型やどんな柄のスーツを選ぶかによっても変わってくるので、店員さんと相談するといいでしょう。

4-6. パンツタック(ヒダの数)

タックとは、ズボンの前側にあるヒダのことです。腰周りにゆとりを持たせて動きやすくするという役割と、エレガントな雰囲気を出すための装飾的な役割があります。

ノータック

ひだの部分がないものを指します。最近は細身のスーツが人気のため、タイトに見えるノータックが人気の傾向にあります。ローライズ(ローウエスト)の場合や、若々しい雰囲気を出したい時に最適です。

ワンタック(シングルタック)

太ももの部分に1本ひだが入ったデザインのことを指します。現在主流のウエストラインに適しています。特にビジネスシーンでオールマイティに使えるデザインで、一着持っていると重宝します。

ツータック(ダブルタック)

こちらは太ももの部分に2本ひだが入っているデザインです。一般的なデザインとしては最もゆったりとしたシルエットを表現することができ、スリーピーススーツ(ジャケット・ベスト・パンツ)で着る時に特におすすめです。体型ががっちりした人はツータックパンツを選ぶとすっきりと見せることができます。

他にも、ジャケットで袖の部分にあるボタンのつき方や、スリーピーススーツではベストのボタンの数など、オーダースーツを作る時は選ぶことができる箇所がたくさんあります。迷うこともあるかもしれませんが、自分で選んだオーダースーツは特別な一着になること間違いなしなので、ぜひいろいろと試してみてくださいね。

5. おわりに

いかがでしたか。オーダースーツのおすすめのお店やデザインを知っていただけたでしょうか。

すべて自分のこだわりによって作り上げたオーダースーツに腕を通した時、きっとその楽しさや着心地の良さ、満足感に気づくはずです。
既製品を買うよりずっと考えることが多く、ともすれば面倒だと感じてしまうかもしれませんが、それを乗り越えてこそ、特別な一着を手にすることができるので、ぜひ一度オーダーしてみてくださいね。