細身 スーツ

細身のスーツをすっきり着こなしている人って、それだけでカッコ良く仕事もできそうに見えますよね。とはいえ、多くのスーツ店から細身のブランドを選び、その中のスーツから細身のスーツを選ぶのは意外と時間がかかるもの。

なので今回は、細身のスーツが手に入るおすすめスーツブランドと、細身スーツをカッコ良く着こなすためのコツをご紹介します。細身の方もがっちりした体格の方も、細身のスーツでスタイル良く見せてみませんか?

1. カッコ良い細身スーツの選び方

細身のスーツとはここ10年ほど流行しているスーツのデザインであり、ただの細い人向けスーツや、サイズが小さいスーツとは違います。これからご紹介するポイントを参考に、カッコ良いスーツを細身スーツを選んでくださいね。

細身 スーツ

写真のような全体的に身体にフィットしているけれど極端に絞られてはいない程度の細身スーツは、以下のポイントに気をつけて選びましょう。

<ビジネス向け|細身スーツの5つの着こなしのコツ>

1. 腕を前で組んでみて動きやすさをチェックする
ピチピチで動けないとカッコ悪いので、後ろ身頃には余裕を持たせましょう。

2. ジャケットの着丈は短め
お尻の真ん中〜お尻がぎりぎり隠れる長さまでにする。

3. パンツの裾を長くしすぎない
靴下がちらっと見える程度がベスト。

4. シャツの襟の開きは狭めにする
細身のスーツに合わせたレギュラータイプがおすすめ。シャツの襟の種類はこちらの「ワイシャツの襟の種類」の記事をご覧ください。

5. 下襟(ラペル)の幅は細め
ビジネスにおすすめな細めのラペルは7.5cm〜8cmにする。ただしやり過ぎは不自然なので気をつけましょう。

ここでは細身スーツ特有の選び方や着こなし方をご紹介しました。他にも、シルエットは関係なくスーツをカッコ良く着こなすコツがあるので、「スーツの着こなし術」も合わせてご覧ください。

[超細身スーツを着こなすコツ]
・下襟(ラペル)の幅は5.0〜7.5cmにし、スマートな印象にまとめる
5cm以下だとバランスが悪くなってしまいますので、注意が必要です。

・ネクタイは下襟に合わせる

下襟とネクタイの幅が合っていると全体的に統一感が出ます。・ジャケットの着丈はさらに短め
お尻が半分隠れる程度から、全て見える程度の丈がすっきり見えます。

2. おすすめの細身スーツブランド20選

細身 スーツ

細身のスーツブランドが知りたいという声はよく聞かれるものの、現在売られているスーツは基本的に「細身」スーツです。それでも普段購入しているスーツよりもっと細身のものを手に入れるには、以下がポイントです。

<細身スーツブランドの選び方>
・「20代」「現代的」などのキーワードを使うブランドを選ぶ
20代〜30代の若者向けやファッション性の高いブランド、現代的なデザインのブランドは全体的に細身のスーツが揃っています。逆に、「クラシック」「伝統的」「アメリカン」などの言葉で表現されるスーツはゆったりしていることが多いです。

・1つのブランドの中でもスリムフィットのもの選ぶ

大抵のブランドは、スリムフィットとレギュラーフィットなど違うフィット感のものを用意しています。まずは愛用のブランドのスリムフィットスーツを試して見ると、ご自身に合った細身スーツが見つかるかもしれません。

2-1. 今すぐ買える超細身スーツ(〜3万円)

3万円までのスーツが手に入る若者向きの量販店は、全体的に細め。中でも特に細いモデルが欲しい方はPSFAのスーパースリムスーツか、スーツセレクトのスキニースーツがおすすめです。

PSFA(パーフェクトスーツファクトリー)

予算2万円〜・流行に敏感な20代におすすめ
流行を取り入れたデザインと、3万円を切る価格帯、他に類を見ない極細のスーツが売り。細身なスーツを豊富に揃えています。

PSFAのスーツの中でも特に細身なのは「コレクションモデル」(スーパースリムスーツ)。名前や写真からも分かるように、ウエストもパンツもかなり身体のラインが出るほど細く作られています。ジャケットもパンツも裾の広がりを細く絞ってありますが、ストレッチ性の高い生地を使用していたり、肩幅などには比較的ゆとりがあったり、機動性が失われない作りになっています。

PSFA:スーパースリムスーツ

PSFAでもう一つおすすめなのは、「クラシコモデル」(スリムスーツ)。こちらもかなり細身ですが、スーパースリムスーツに比べるとゆとりのあるデザインです。

スーパースリムスーツを試着してたけれどピチピチに見えて恥ずかしい…といってクラシコモデルを購入される方も多いようです。
PSFAのスーツはこちら

SUITS SELECT(スーツセレクト)

予算2万円〜・シンプルなデザインが好きな20代におすすめ
スーツセレクトには大きく分けて2つのラインがありますが、細身なのはブラックライン。デザイン性が高く立体的なシルエットが特徴です。中でもスキニーモデルはウエスト、ジャケットの裾、パンツの裾がしっかり絞ってあり身体のラインを強調するシルエットになっています。

SUITS SELECT:スキニーモデル

スキニーという名前にふさわしい超細身のスーツです。
スーツセレクトのスーツはこちら

SUITS COMPANY(スーツカンパニー)

予算2万円〜・コストパフォーマンス重視の20代におすすめ
PSFAのスーパースリムスーツやスーツセレクトのスキニーモデル、に比べるとゆったりとした作りになりますが、スーツカンパニーのスリムモデルもかなり細身です。2万円ほどのスーツから、高級素材を使った5万円を超えるものまで、商品ラインナップの多さも魅力です。
スーツカンパニーのスーツはこちら

ORIHICA(オリヒカ)

予算2万円〜・個性的なデザインが欲しい20代におすすめ
全体的に細身できれいなシルエットのスーツが揃うオリヒカ。ただし超細身のスーツや、細身シルエットを売りにしたスーツは無いため注意が必要です。極端な細身スーツではないけれど、身体のラインに沿ったものが欲しい方におすすめです。
オリヒカのスーツはこちら

2-2. センスが光るお値打ち細身スーツ(3万円〜)

日々の仕事でもしっかり着回せる嬉しい価格帯。量販店にはないブランドごとの個性を楽しめます。

Green Label Relaxing(グリーンレーベルリラクシング)

予算3万円〜・コストパフォーマンス重視の20代におすすめ
グリーンレーベルはユナイテッドアローズの若者向きライン。リラクシングという名前がついていますが、シルエットは通常ラインのユナイテッドアローズより細身です。シンプルでビジネスにもプライベートにも使いやすく、量販店以外で買いたいけれど予算は抑えめが良いという方にぴったりです。
グリーンレーベルリラクシングのスーツはこちら

COMCA ISM(コムサイズム)

予算4万円〜・シンプルなデザインが好きな20代におすすめ
シンプルで普段使いにぴったりなコムサイズムのスーツは、全体的に細身。商品ラインナップは少なめですが、ウエストが特に絞ったタイプや肩パッドを強調するタイプなど、好みによってシルエットを選べるのも嬉しいポイントです。
コムサイズムのスーツはこちら

nano universe(ナノユニバース)

予算4万円〜・華やかなスーツが欲しい30代におすすめ
細身シルエットに定評のあるナノユニバース。細めの襟や短めの着丈など、ディティールもそのシルエットに合わせて作り込まれています。高級感のある店構えですが、意外にも手に届きやすい価格帯。ツヤ感のある素材のものも多く、パーティーや結婚式などにおすすめです。
ナノユニバースのスーツはこちら

ABAHOUSE(アバハウス)

予算4万円〜・上品で繊細なスーツが欲しい30代におすすめ
アバハウスの魅力は、日本人の体型に合わせた繊細なシルエットと、お手頃な価格からは想像できない上品さ。動きやすいようにストレッチが入ったかなり細身なスーツや、遊び心のある柄物のスーツなど、プライベートに着たいデザインが豊富です。
アバハウスの公式サイトはこちら

2-3. 質も見た目もこだわる細身スーツ(5万円〜)

予算が5万円〜に広がると、選べるブランドが一気に増えます。

TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

予算5〜10万円・王道なスーツが欲しい30代におすすめ
東京発のブランド、タケオキクチのスーツは絞ったウエストと強さを感じさせる肩のラインを持つイギリス風スタイル。ベーシックなデザインが多いため、ビジネスにもプライベートにも使えます。
タケオキクチのスーツはこちら

EDIFICE(エディフィス)

予算8〜15万円・華やかなスーツが欲しい30代におすすめ
上品さと華やかさを併せ持つフレンチスタイルを提案するEDIFICEはJOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)の傘下ブランド。何度も改良を重ねているスーツのシルエットは細身で美しく、特に30代以上の大人の男性に好評です。コラボレーションも頻繁に行っており、個性的な柄のスーツが手に入ることも。
エディフィスのスーツはこちら

Calvin Klein(カルバンクライン)

予算5〜10万円・シンプルなスーツが欲しい30代におすすめ
カルバンクラインのスーツは細身なシルエットで大人な雰囲気。ニューヨーク発のブランドらしく「シンプル」「モダン」「クリーン」をコンセプトに、幅広い年代から支持されています。
カルバンクラインのスーツはこちら

TOMORROWLAND(トゥモローランド)

予算5〜10万円・シルエットにこだわる30代におすすめ
トゥモローランドが日本人男性のために開発したスーツは、日本人男性の体型に合わせた薄めの肩パッドや小さめの胸周りが特徴。価格はセレクトショップにしてはかなり高くなりますが、その分身体のラインに沿った美しいシルエットを楽しめます。
トゥモローランドの公式サイトはこちら

BEAMS(ビームス)

予算6〜15万円・王道のスーツが欲しい20代におすすめ
セレクトショップとして鍛え抜かれた審美眼を生かした、シンプルな王道だけれど現代的なセンスが光るスーツが特徴。オリジナルブランドのスーツや、インポートスーツなどさまざまなスーツを取り扱っており全体的に細身のスーツが中心ですが、ビームスFはゆったりめなシルエットなので気をつけてくださいね。
ビームスのスーツはこちら

BLACK LABEL CRESTBRIDGE(ブラックレーベルクリストブリッジ)

予算7〜12万円・高級感を求める20代におすすめ
ブラックレーベルクリストブリッジは、BURBERRY BLACK LABEL(バーバリーブラックレーベル)として親しまれていたブランドの新名称。都会的で上品なスタイルに上手く大胆な色や柄使いを合わせたスタイルが高級感を感じさせます。
ブラックレーベルクリストブリッジのスーツはこちら

2-4. 憧れの高級細身スーツ(10万円〜)

10万円を超える価格のブランドは、世の男性の憧れ。ここまで来るとシルエットも生地も全てにこだわったスーツを手に入れることができます。

Paul Smith (ポールスミス)

予算8〜12万円・お洒落を楽しむ30代におすすめ
イギリスの伝統を継承しつつもシルエットは細身で現代的。ストライプ柄の裏地に代表されるような遊び心あるデザインが特徴です。ただポールスミスの中でもポールスミスロンドンはゆったりめなので、気をつけてくださいね。

ポールスミスはパリコレクションに出展しているモデルを元に作られたデザイン性の高いラインなので、お洒落にこだわりを持つ方におすすめです。
ポールスミスのスーツはこちら

BARNEYS NY(バーニーズニューヨーク)

予算10〜15万円・質にこだわる30代におすすめ
アメリカの高級セレクトショップ、バーニーズニューヨークのオリジナルスーツは、細くて軽いシルエットが魅力。特にマンハッタンモデルは、ウエストなどの絞るところをしっかり絞ったメリハリの効いたデザイン。
バーニーズニューヨークの公式サイトはこちら

ARMANI(アルマーニ)

予算20万円〜・エグゼクティブクラスの40代〜におすすめ
世の男性の憧れブランド、アルマーニ。さまざまなセカンドラインがありますが、やはりおすすめはジョルジオアルマーニです。ゆるやかに絞ったウエストで身体のラインを生かしたイタリア風のデザイン。責任あるポジションについた大人の男性におすすめのスーツです。
アルマーニの公式サイトはこちら

Dior Homme(ディオールオム)

予算20万円〜・エグゼクティブクラスの40代〜におすすめ
細身スーツブームの火付け役、ディオールオム。10年ほど前にディオールオムが超スリムフィットのスーツを発表して以来、他のブランドも次々とスリムフィットのスーツを販売してきました。

今でもその美しい細身シルエットは健在。モードなファッションが好きな方にはたまらないブランドです。
ディオールオムの公式サイトはこちら

2-5. 番外編|オーダーメイドで細身スーツ

細身のスーツが欲しい方は、ご自身の身体にぴったりなスーツが欲しいのでは無いでしょうか。オーダーメイドなら身体にフィットする上、好みの細さを選べます。

LaFabric(ラファブリック)

%e3%80%80lafabric

予算4万円〜オーダースーツ初めての20・30代の方におすすめ
オンラインでもオフラインでもオーダースーツが作れるサービス。スリムフィットを選べばあなたの身体に沿った細身のスーツが手に入ります。

 

azabu tailor(麻布テーラー)

予算5万円〜・質にこだわる30代におすすめ
高い品質とリーズナブルな価格で人気の麻布テーラー。知識豊富なテーラーさんに相談しながら、あなたに合った形の細身のスーツを作ることができます。
麻布テーラーの公式サイトはこちら

3. まとめ

実は最近のスーツはほとんど細身。大切なのは、たくさんの細身スーツの中からご自身の好みにあったタイプを選ぶことです。とにかく細く身体のラインに沿ったスーツが欲しい方には、感度の高い若者向きのブランドがおすすめですし、メリハリがあっても身体のラインが出にくい方には、貫禄ある大人向けのブランドがおすすめです。

今回の記事を参考に、細身のスーツをカッコ良く着こなしてみませんか?