スーツ 着こなし

ビジネスで大切な第一印象を決めるスーツ姿。相手に失礼のない服装を心がけるのはもちろんですが、センスよく着こなして自己主張したい気持ちもありますよね。そんな理想を叶える着こなしのコツは、ぴったりなサイズ選びにありました。

まずは自分に合ったサイズ感ですっきりとスーツを着こなして、その上でシーンや相手に合わせてコーディネートを工夫しましょう。今回はスーツのサイズの選び方から、コーディネートのポイントまでまとめてご紹介していきます。

 

1. スーツを綺麗に着こなす10のチェックポイント

綺麗な着こなしに欠かせないサイズ選びのチェックポイントを、10のチェックポイントにまとめてお伝えします。まずはこれらのチェックポイントを押さえて、誰からも好印象なスーツ姿を手に入れてくださいね。

(1) ジャケットの一番下のボタンは開いているか

スーツ 着こなし

ジャケットの一番下のボタンは留めないでおきます。2つボタンのジャケットは上の1つだけ、3つボタンの場合は上の2つを留めます。

(2) お腹周りはこぶしが1つ入る余裕を持つ

スーツ 着こなし

ジャケットのお腹周りは、こぶしが1つ入るくらいの余裕を持ちましょう。きつすぎるとシワがより、緩すぎるとだらしなく見えてしまいます。

(3) ジャケットの着丈はお尻がギリギリ隠れる長さ

スーツ 着こなし

ジャケットの着丈はお尻がギリギリ隠れる長さがベストです。長すぎると古臭く見えてしまうので、お尻が隠れるよりは気持ち短めにしておきましょう。

(4) ネクタイの剣先はベルトにかかっているか

スーツ 着こなし

ネクタイの長さは、剣先がベルトにかかる程度がちょうど良い長さです。結んだあとも、位置をずらしてある程度調整できますが、ご自分にぴったりな結び開始位置を見つけましょう。

(5) ネクタイにはくぼみを作る

スーツ 着こなし

ネクタイにはディンプルと呼ばれるくぼみを作ると立体的に仕上がります。ディンプルの作り方は「ネクタイのマナー」を参考にしてくださいね。

(6) 腕を下ろしたときに、シャツが1〜1.5cm見える

スーツ 着こなし

スーツからシャツの袖が少しだけ見えるのが、ちょうど良いシャツのサイズ感です。シャツはもともとスーツを皮脂汚れから守る下着だったことから、このルールが生まれました。

(7) ウエストは指が1本入る程度

スーツ 着こなし

パンツのウエストは指が1本入る程度の余裕を持ちましょう。緩すぎるとパンツに縦じわが寄ってしまいますし、きつすぎると着心地がよくありません。指1本入る程度だと、歩いていてパンツが下がってきても腰骨のところでちょうど止まります。

(8) 裾は長くしすぎない

スーツ 着こなし

写真のように裾は靴にあまりかからない程度の長さにしておくことが、パンツをすっきり着こなすコツです。特に最近主流の細身のパンツ(裾幅20cm以下)は、靴にかかるかかからないか程度の長さで格好良く決まります。

裾幅が20cm以上のゆったりしたパンツは、靴に3〜4cmかかる程度がおすすめです。

(9) 靴下の色はスーツに合わせて黒・ネイビー・グレーを選んでいるか

スーツ 着こなし

靴下の色はスーツのパンツの色に合わせましょう。全体の統一感が生まれるだけでなく、パンツと靴下が繋がって足が長く見える効果があります。

(10) 靴の色とベルトの色は同じにする

靴の色はベルトの色と揃えると、全体にまとまりが生まれます。足元まで気を遣えるきちんとした人だという印象も与えられるので、まずは黒い靴と黒のベルト、茶色の靴と茶色のベルトを用意したいですね。

ここでは必ず押さえておきたいサイズ選びのポイントを中心にお伝えしました。さらに詳しい正しいスーツの着方や、ビジネスのフォーマルシーンにふさわしい色やデザインの選び方については、「ビジネススーツのマナー」をご覧ください。

2. シーンや気分で選ぶスーツの着こなし

ここからはスーツの着こなしのコツをコーディネートでご紹介します。写真とともにさまざまな組み合わせをご提案しているので、その日の予定や気分に合ったコーディネートを選ぶ参考にしてくださいね。

2-1. 基本を押さえて無難にまとめたいとき

フォーマル度:★★★ 金融・公務員・保険業界など堅い業界向け

スーツ 着こなし

<この着こなしのポイント>
・王道のネイビースーツにネイビーのネクタイ
・控えめな印象の小紋柄のネクタイ

若手社員がまず押さえておきたいのは、爽やかで若々しく見えるコーディネート。ネイビーに限らず同色系で合わせると無難にまとまるので、失敗したくない日は試してみてくださいね。

2-2. 大切な商談・プレゼンの日に

フォーマル度:★★★ 金融・公務員・保険業界など堅い業界向け

<この着こなしのポイント>
・情熱的な赤のネクタイ
・知的に見える太いストライプ(レジメン)のネクタイ

勝負の日は目立つ色のネクタイで気合を入れましょう。スーツは落ち着いたイメージになるグレーに比べ、華があるネイビーがおすすめです。

2-3. 誠実な印象を与えたいとき

フォーマル度:★★★ 金融・公務員・保険業界など堅い業界向け

<この着こなしのポイント>
・落ち着いたグレーのスーツ
・寒色系の控えめな柄のネクタイ

グレーは謝罪のときに向いた色とされ、普段のビジネスでも誠実な人と思われたいときに取り入れたい色。ネイビーも誠実さが出る色だと言われますが、グレーはより落ち着いた印象になります。

2-4. 穏やかな印象を与えたいとき

フォーマル度:★★☆ メーカー・商社・インフラなど一般的な業界向け

<この着こなしのポイント>
・中間色のグレーに明るい色を組み合わせる
・コミュニケーションを活性化する黄色やオレンジを取り入れる

グレーのスーツに、温かみのある色のネクタイを合わせると優しい印象を演出できます。色味のないグレーは地味だと思われがちですが、明るい色のネクタイと相性が良いため、合わせ方次第で華やかにも地味にも着こなせます。

2-5. 貫禄を見せたいとき

フォーマル度:★★☆ メーカー・商社・インフラなど一般的な業界向け

<この着こなしのポイント>
・強さを感じさせる黒いスーツ
・上品な細いストライプ
・落ち着いたグレーのネクタイ

黒のストライプスーツにグレーのネクタイの組み合わせは、大人の貫禄を感じさせます。もう少し柔らかく着こなしたいときは、ピンクや薄いグリーンなどの明るい色のネクタイを合わせるのがおすすめです。

黒は本来フォーマルな場で着飾るための色とされビジネスには不適切だと言われてきましたが、礼服ほど黒の色が濃くないものや、柄が入ったものはビジネスの場でも着用できます。

2-6. 顔周りを明るく見せたいとき

フォーマル度:★★☆ メーカー・商社・インフラなど一般的な業界向け

<この着こなしのポイント>
・顔映りが良いオレンジのネクタイ
・全体を淡いトーンでまとめる

健康的に見せたいときは、顔色が明るく見えるオレンジやピンクなどのネクタイを選びましょう。オレンジとネイビーはパンチの効いた組み合わせですが、どちらも淡めのトーンでまとめると派手すぎになりません。

2-7. ラフで親しみやすい印象にしたいとき
フォーマル度:★★☆ メーカー・商社・インフラなど一般的な業界向け

<この着こなしのポイント>
・カジュアルなチェック柄のネクタイ
・全体的に落ち着いた色でまとめてバランスを取る

お客さんと会うときなど、柔らかい印象にしたいときはチェック柄のネクタイがぴったりです。ポップになりすぎないようにダークな色や、スーツの色に近いものを選ぶのがおすすめです。

写真のコーディネートでは、ごく淡い水色のシャツがネクタイとジャケットのネイビーを上手く繋げて、全体に統一感を与えてくれます。

2-8. センスの良さをアピールしたいとき

フォーマル度:★☆☆ 広告・アパレルなどカジュアルな業界向け

<この着こなしのポイント>
・華やかな柄と控えめな柄を合わせる

柄と柄を上手く組み合わせると、一気に垢抜けた印象になります。やり過ぎに見えないコツは、華やかな柄と繊細な柄の両方を取り入れてバランスを取ること。

華やかなスーツに控えめな柄のネクタイを合わせたり、華やかなネクタイに控えめなシャツを合わせたり、さまざまな組み合わせで使えるので覚えておいてくださいね。

写真のコーディネートではオレンジのポケットチーフが胸元をさらに華やかに見せていますが、シンプルにしたいときはチーフは外すか白にしましょう。

2-9. 爽やかに見せたいとき

フォーマル度:★☆☆ 広告・アパレルなどカジュアルな業界向け

<この着こなしのポイント>
・清潔感のある淡い色のグレースーツ
・寒色系のネクタイ

爽やかに見せるポイントは、淡いグレーと寒色系の組み合わせ。定番の青のネクタイは若手の方に、落ち着きのあるグリーンは30代以上の方におすすめです。

お洒落な印象が強い淡いグレーですが、実はどんな色とも合わせやすく着回しが効く便利な色です。特に明るい色のネクタイと相性が良いので、パーティー用スーツにも最適です。

淡い色のスーツには茶色の靴を合わせるのが一般的ですが、寒色系の着こなしをさらに黒の靴で引き締めるのも良いでしょう。

2-10. 明るい色で華やかに決めたいとき

フォーマル度:★☆☆ 広告・アパレルなどカジュアルな業界向け

<この着こなしのポイント>
・華やかな明るい青のスーツ
・全体を同色系でまとめる

華やかな色のスーツには、同色系のネクタイやグレーなどの中間色のネクタイを合わせて鮮やかな色を引き立てましょう。華やかとはいえ赤や紫などの色は目立ちすぎるので、ビジネスにはおすすめできません。

2-11. カジュアルな場で目立ちたいとき

フォーマル度:★☆☆ 広告・アパレルなどカジュアルな業界向け

<この着こなしのポイント>
・大きなチェック柄(ウィンドウペーン柄)
・全体を控えめな色でまとめる

目立ちたいときは大きな柄のスーツが最適。写真のような大きなチェックのラインが入った柄はウィンドウペーン柄呼ばれ、最近人気があります。柄のスーツには、無地や小紋柄などの地味なネクタイを合わせることが多いですが、写真のようにシンプルなストライプも合わせることができます。

柄と柄の難しいコーディネートですが、全体の色の数やトーンを合わせて全体を上手くまとめましょう。

3. まとめ

正しいサイズとシーンに合ったコーディネートで、あなたの理想のスーツ姿が手に入ります。まずは正しいサイズ感で身だしなみを整えて、その上で自分らしさを取り入れた着こなしを楽しんでくださいね。