礼服 葬式

葬式でどんな服を着れば良いか分からずに、困った経験はありませんか?大切な故人を偲ぶ場を、場違いな服装で台無しにしたくはないですよね。

今回は、葬式で恥をかかないための服装のルールをご紹介します。今すぐ必要な人のために、おすすめの礼服購入場所もご用意したので参考にしてくださいね。

1. 葬式の礼服の基本

礼服 葬式

葬式の礼服とはいわゆる喪服のことです。喪服は礼服の一種であり、葬式などの弔事のときのみに着用するものを指します。礼服自体は結婚式にも使えますが、今回は葬式のときの礼服の着こなしやマナーについてご紹介します。

1-1. 葬式の服装とマナー

礼服

礼服
黒の礼服上下。礼服とはいわゆる略礼服のことで、結婚式や葬式などさまざまなフォーマルシーンに対応できます。黒いビジネススーツよりも黒の色が濃く、着用シーンが少ないため飽きが来ない定番のデザインが多いです。

ジャケットの形はシングルでもダブルでもOKですが、若い人にはシングルが人気です。パンツの裾は折り返しがない(シングル)のパンツを合わせます。

さらに詳しい礼服とスーツの違いや、礼服全般についての着こなしや選び方は「礼服とスーツの違い」でご紹介していますので、そちらも合わせてご覧下さい。

ベスト
ベストはマナー違反ではありませんが、葬儀で着る人はほぼいません。葬儀はお洒落に決めるのではなく、故人を惜しむ場です。必要のない装飾は控えましょう。

シャツ

礼服 葬式

無地の白シャツを着用しましょう。素材はブロードのもので、襟型はレギュラーかワイドのものが適しています。白は白でも織り柄が入ったタイプ、リネンなど特殊素材のものなどは避けましょう。

ネクタイ

黒無地で光沢がないものを着用するのがマナーです。目立たなくても柄が入ったものはマナー違反です。気にする人は少ないですが、正式には結び目のくぼみ(ディンプル)は無しです。

黒のストレートチップかプレーントゥのものが一般的。ベルトがついたモンクストラップも着用できます。エナメルなどの光沢があるもの、派手な金具のものはNGです。

靴下は黒無地のものを合わせます。

アクセサリー
カフスやチーフ、タイピンなど、結婚指輪以外のアクセサリーは基本的にすべて外します。ベルトは靴に合わせて黒を選びます。

その他用意しておきたいもの

数珠:持参する人が多いですが、仏教徒以外の人もいるため持っていなくてもマナー違反ではありません。
白いハンカチ:白か黒の無地のハンカチ
香典袋:薄墨で御霊前と書いたもの
ふくさ:香典袋を包むため

[コート]
コートは黒・紺・グレーなどのダークな色を選び、会場に入る前は脱いで手に持っておきます。殺生をイメージさせる皮のコートは避けましょう。
[葬式で夏もジャケットは必須?]
ジャケットは必ず着用しましょう。オールシーズン用の喪服が暑いときは、夏用の礼服のレンタルの検討もおすすめです。詳しくは「礼服をレンタルする」の欄をご覧ください。

1-2. 通夜・仮通夜の服装とマナー

礼服 葬式

通夜は「葬式の服装とマナー」でご紹介した礼服、仮通夜は礼服以外の地味な服装が基本です。マナー上は通夜も仮通夜も「取り急ぎ駆けつける」ものなので礼服を着なくても大丈夫ですが、最近は通夜に礼服を着る人がかなり多くなりました。

仕事帰りなどに通夜に参列する際は、スーツ量販店や葬儀場などで黒いネクタイ・黒靴下を用意できると安心です。金の時計などの、アクセサリーも外しておきましょう。

故人が亡くなった当日に親族だけで行う仮通夜は、今でも完璧な礼服スタイルよりもダークな色のスーツに地味なネクタイなどの平服が好まれます。急に駆けつけたのに喪服を着ていると、「不幸を予想していた」という印象になってしまいます。

1-3. 法要の服装とマナー

礼服 葬式

一周忌を過ぎるまでの法要は葬式と同様に「礼服」を着て、一周忌が過ぎて三周忌ごろまでは濃い色のスーツに地味な色のネクタイで参加するのがマナーです。しかし最近は、よりカジュアルな服装で出席する人も増えています。主催者よりも格上の服装にならないように、親族内で服装の確認をしておくことをおすすめします。

2. 急な葬式に間に合う礼服の調達場所

礼服

礼服を持っていないことで、葬儀の前に焦ってしまうことってありますよね。急に礼服が必要になったときのおすすめ購入場所やレンタルショップをご紹介します。

2-1. 礼服を買いたい

礼服をセットで買いたい
礼服はもちろん念珠などの小物まで揃うスーツの量販店や、イオンなどのショッピングモールがおすすめです。量販店は専門店らしく品揃えが豊富で、ショッピングモールは手頃な価格が売りです。

黒いネクタイを買いたい
ネクタイだけが必要!というときは葬儀場を利用するのがおすすめです。最近では礼服用のネクタイを販売している葬儀場が多くなっています。まずは葬儀場に電話をして、販売しているか確認をしてから他の店を探すのがよいでしょう。葬儀場以外では、新幹線や大きなJR駅のKIOSKや百円ショップ、コンビニに置いてあることがあります。特に駅は手に入りやすいそうです。

2-2. レンタルしたい

急に葬式に出席する際もレンタルで礼服を揃えることは可能。ご自宅から礼服一式を借りることができる、オンラインレンタルショップをご紹介します。多くの地域では翌日に到着するので、訃報を聞いてすぐ注文すれば葬式に参加するころに間に合います。

本州の方におすすめのレンタルショップ
RENCA

礼服 葬式

15時までの注文で翌日に到着(本州はどこでも)。4,800円で礼服一式が借りられ、プラス1,000円で靴やベルトなどを含めたフルセットのレンタルができます。

西日本の方におすすめのレンタルショップ
礼服レンタル.com

礼服 葬式

15時までの注文で翌日に到着(東北を除く本州・四国・九州)。4,800円で礼服一式、プラス1,000円で靴やベルトなどを含めたフルセットのレンタルができます。

3. まとめ

葬式のときは、真っ黒な礼服に真っ黒なネクタイで参加するのがマナーです。きちんとした服装で故人への追悼の意を示しましょう。

礼服を持っていないときはレンタルという選択肢もありますが、当日に慌てないよう1着用意しておけると安心ですね。