スーツ おしゃれ

仕事で着る機会が多いスーツですが、着こなし方をちょっと工夫すると、「真面目」「誠実」といったイメージだけでなく、「おしゃれ」な印象を与えることができます。

今回は、毎日のスーツスタイルをもっと楽しむために、おしゃれに見える着こなし方のポイントを12個紹介します。

今年一押しのおしゃれなスーツスタイルの参考画像も載せていますので、ご覧になってみてくださいね。あなたのスーツの楽しみ方が、きっと広がるはずです。


 

1. ビジネス向け|スーツを正しくおしゃれに着るポイント

スーツをおしゃれに着たい!と思っても、気になるのがマナー。ビジネスシーンで着る機会が多いスーツは、おしゃれがどうかだけではなく、正しい着こなしかどうか、周りの人に不快感を与えるような見た目になっていないかが気になりますよね。
ビジネスシーンのマナーを守り、かつおしゃれに見えるためのポイントを6つまとめました。

関連記事
恥をかかないビジネスマナーのすべてを知りたい方はこちら。
ビジネススーツのマナー |恥をかく前に知っておきたいルールを解説

1-1. サイズは自分に合ったものを選ぶ

まずスーツ姿をおしゃれに見せるための基本は、自分の身体にあったサイズを着るということ。

上の画像は、左側がジャストサイズのスーツを着たもの、右側は大きめのスーツを着たものです。右側は腰回りや足のあたりがだぼついて、野暮ったく見えていますよね。反対に左側の方はすっきりとしていて、全体的にきれいに見えています。

このように、スーツをおしゃれに着こなすためには、まずジャストサイズのスーツを着ることが非常に重要です。

関連記事
・スーツの正しいサイズを知る方法が気になる方はこちら。
スーツサイズの測り方と選び方|ぴったりサイズを手にいれる3つのコツ
・ジャケットやパンツのサイズの合わせ方が気になる方はこちら。
男らしさを引き立てるかっこいいスーツの着方

1-2. ワイシャツはジャケットの袖から少し出す

スーツ おしゃれ

スーツと同様、ワイシャツのサイズも重要です。ジャケットを着た時、必ず袖からワイシャツが1.0cm〜1.5cmほど見えるようにしましょう。背後から見たときに、首元の部分に見えるワイシャツのカラ―(襟)の幅と、袖口から見えるワイシャツの幅が同じくらいだと、バランスが取れて見えます。

袖口からワイシャツが全く見えないと、ジャケットが大きすぎるように見えてしまいますし、逆に見えている部分が大きいと、ジャケットが小さいように見えてしまいます。

スーツやワイシャツを新しく購入する際は、必ずジャケットとワイシャツを合わせた時の袖の見え方を確認してくださいね。

1-3. ボタンの1番下は開ける

スーツ おしゃれ

意外と忘れがちなマナーが「ジャケットの1番下のボタンは開ける」ということ。

1番下のボタンは「飾りボタン」と呼ばれるもので、留めないのが正式なスーツスタイルのルールです。また、1番下のボタンを留めると、生地に不自然なシワがついてしまうので、それを防ぐという意味もあります。

2つボタンの時は1番上だけを、3つボタンの時は上2つのボタンを留めるようにしましょう。

[豆知識]座った時はボタンを外そう!

スーツの作りとしては立ち姿が前提なので、座った時にボタンを閉めたままだと、不自然なシワが入り、シルエットが崩れてしまいます。
座った時はさっとボタンを外し、立ち上がった時にボタンを素早くかける。このような動きがスマートにできることも、スーツをおしゃれに着こなすポイントです。
ただし、「ボタンを外すと生意気に見える」という意見もありますので、臨機応変に対応してください。特に就職活動の場では、座るときも必ず1番下以外のボタンを留めておくようにした方がよいでしょう。

1-4. ベルトや靴など小物の色を揃える

色のトーンや素材まで神経質に揃える必要はありませんが、色の種類は最低ベルトと靴で揃えるのが望ましいでしょう。
ベルト、靴、カバンなどスーツスタイルで使う小物はいくつかありますが、その中の1つが黒の場合は他のアイテムも黒で揃えると統一感があります。逆にどれかが黒で、他は茶色などだと、全体的にちぐはぐな印象の着こなしになってしまいます。

黒という色は非常に重く、存在感がある色なので、どこか一箇所だけだと浮いてしまうからです。逆に茶色系は使いやすい色で、ベージュ、ライトブラウン、ブラウン、キャメルなどの茶系の色は一緒に使ってもあまり問題はありません。

[豆知識]素材・質感を合わせてもっとおしゃれに!

靴やベルトの素材・質感と合わせると、もっとおしゃれに見せることができます。
例えばスエード(起毛革)の革靴を選んだら、ベルトもスエードのものを選ぶと統一感が出る上に、こだわりを表現することができます。
厳密に全く同じ質感にしなくても、光沢感がある時は光沢感があるものを、マットなものの時はマットなものを選びましょう。

1-5. 靴下はスーツと同系色を選ぶ

スーツ おしゃれ

靴下の色は靴かパンツの色に合わせるようにしましょう。無地の黒、紺、灰色の3色のネクタイを用意しておけば、一般的なビジネスシーンで困ることはありません。

加えて靴下は丈が長いものを選ぶようにしましょう。短い靴下を履いていると、歩いている時や座っている時などに足首が見え、不恰好な印象を与えてしまいます。足先までおしゃれに気を配ってみてくださいね。

1-6. スーツの色を変えてみる

もし黒のスーツばかり着ているということであれば、スーツの色を変えてみてはいかがでしょうか。ガラリと印象が変わり、おしゃれで洗練されたイメージを周囲に与えることができます。

また、黒のスーツというとやはり冠婚葬祭のイメージが強く、海外では日常の活動である仕事の場ではふさわしくないとされています。以下、スーツの色がどんな印象を与えるかについてご紹介します。

信頼感があるネイビー
スーツ おしゃれ

ネイビーのスーツは青色系の色が持つ、上品で知的、信頼感のあるイメージを遺憾なく発揮してくれます。ビジネスシーンでの定番カラーで、経営者や政治家も好んで着る色です。こちらも色が薄く明るくなるほど若々しくカジュアルな印象を与え、色が濃く暗いほどどっしりとした安定感を感じさせます。1着は持っておきたい色です。

<こんな着こなしもおすすめ!>

左はネイビースーツに同じネイビーのストライプネクタイを合わせた着こなし。正統派の印象がありながらも、シャープな印象を与えています。
右はネイビースーツに王道の赤ネクタイを合わせた着こなしです。ネイビーとレッドの対比が美しく、堅実な中にも熱意を感じさせるコーディネートです。

正統派のチャコールグレー
スーツ おしゃれ

チャコールグレーと呼ばれる、濃いグレーのスーツは冠婚葬祭にも使える万能色のスーツです。色が濃い方がフォーマルとされ、薄いとカジュアルな印象が強まるスーツですが、その中でもチャコールグレーは正統派の印象です。たいていの色のネクタイと合うのも嬉しいポイントですね。

<こんな着こなしもおすすめ!>

左は珍しいオレンジのネクタイが印象的です。明るく、インパクトがあって、これなら営業職でも一度会っただけで名前と顔を覚えてもらえそうですよね。
右はオーソドックスなスーツにチェックシャツを合わせた着こなし。チェックシャツでもかわいくなりすぎず、落ち着いた印象を与えるコーディネートです。

柔らかいイメージのグレー
スーツ おしゃれ

若々しい印象を与えるといわれるグレー。黒よりも明るいトーンで清涼感を出すことができ、他の人とは違った印象を与えることができます。深みがある濃い目の色のネクタイと合わせるとまとまって見えます。オフィス業務など、爽やかな気持ちで仕事を楽しみたい日におすすめです。

<こんな着こなしもおすすめ!>

左は青いネクタイのドットが印象的。グレースーツは青みがあるネクタイであればどんなものとも合わせやすいのが特徴的です。個性的なネクタイともぴったりはまります。
右の着こなしは薄いピンクのワイシャツを取り入れています。いつも白のワイシャツで平凡に見えてしまう時は、淡いパステルカラーのワイシャツを合わせるのがおすすめです。

センスが光るブラウン
スーツ おしゃれ

一風変わった味わいが楽しめるブラウン。他の色にはない、落ち着いていて柔らかな雰囲気を表現することができます。特に秋におすすめのカラーです。固い職場や商談の場に取り入れることは難しいですが、深みのある色のネクタイと合わせるとシックな印象を与えることができます。

<こんな着こなしもおすすめ!>

左のスタイルはグリーンのコートが印象的。ブラウンとグリーンは相性が良く、コート以外でもネクタイやワイシャツで取り入れてほしい色です。
右の着こなしはこれぞブラウンスーツ!というシンプルな着こなしです。ブラウンスーツは40代・50代の方にもおすすめで、明るい色味を入れず、暗い色合いでまとめると統一感があります。

まずはネイビーチャコールグレーのスーツで、着こなしの幅を広げてみませんか。

以上、6つのポイントを守れば、ビジネスシーンでもスーツをおしゃれに着こなすことができます。毎朝、ちょっとの時間でいいので、確認してみてくださいね。

2. カジュアル向け|スーツをおしゃれに着るポイント

仕事が終わってオフの時間に、おしゃれにスーツを着こなしたい!そんな風に思ったことはありませんか?また、2015年秋冬のトレンドはスーツを普段着としてカジュアルに着こなすスタイル。ビジネスシーンとは少し違う、カジュアルなシーンでのスーツをおしゃれに着こなすポイントを7つ、お伝えします。

<注意>小物は雰囲気に合わせてプラス
これから小物を加えたコーディネート例をご紹介しますが、必ずしもどんなシーンでも使える万能アイテムばかりではないので注意が必要です。
結婚式の二次会やパーティーなどにはおすすめですが、ビジネスシーンで使う場合は、オフィスの雰囲気に合わせて、臨機応変に対応しましょう。

2-1. 柄物のアイテムを取り入れる

ビジネス使い回し度:★★☆
おしゃれUP度:★★☆

まずはシンプルな仕事用の無地のワイシャツを柄物に変えてみましょう。ストライプはビジネスシーンでも使えますし、チェックや他の柄のワイシャツだと、普段とは違う雰囲気を表現できます。

もっと柄物に挑戦したい時は、スーツ自体に柄が入っているものを選びましょう。細いストライプのスーツはおしゃれに見えるだけでなく、視覚効果で身体をすっきり見せてくれます。

<こんな着こなしもおすすめ!>

左のスーツはウィンドペンと呼ばれる、流行の柄物スーツです。ネイビーの生地に明るめの青い細い線でチェックが描かれており、一段上のおしゃれを楽しむことができます。
右のスタイルでは、スーツのベージュと同系色のブラウンのワイシャツを選ぶことで、チェックという派手めな柄も統一感を持ってまとまっています。深いグリーンのネクタイがアクセントになっています。

2-2. ベストやカーディガンを加える

ビジネス使い回し度:★★★
おしゃれUP度:★★★

スーツ おしゃれ

ジレとも、ウエストコートとも呼ばれるスーツのベストはおしゃれに見える鉄板アイテムです。上質感と信頼感があふれる大人の男性を演出してくれます。
また、ベストは袖がない分、スーツ全体のシルエットをきれいに見せるだけでなく、濃い色のベストを選べばお腹周りをすっきりと見せることができます。

<こんな着こなしもおすすめ!>

基本的にはスリーピーススーツを購入し、ジャケット・ベスト・パンツを同じ素材・色・柄で着れば間違いはありませんが、違う色や異素材を合わせるともっとおしゃれに着こなすことができます。

左のスタイルは、王道のチャコールグレーのジャケットに淡いグレーのベストを合わせたもの。中心にある深い赤色のネクタイが全体の印象をきっちりと締めています。
右は同素材同士ですが微妙な色や柄が異なる組み合わせ。違う色を組み合わせる時は、どちらにも共通する色を一色残しておくと、きれいにまとめることができます。

また、寒くなってきた今の季節はセーターやカーディガンもおすすめ。暖かく過ごせるだけではなく、柔らかい印象を周囲に与えることができます。

関連記事
・センスの良いベストの選び方が気になる方はこちら。
スーツのベスト|結婚式も仕事もセンス良く着こなすコツ
・手持ちのスーツとセーターの合わせ方が気になる方はこちら。
今日から真似できる秋冬スーツとセーターのコーディネート15選

2-3. ネクタイをニットタイに変える

ビジネス使い回し度:★☆☆
おしゃれUP度:★★☆

普段はシルクのネクタイをしているというあなたは、ネクタイをニットタイに変えてみませんか?ビジネスシーンで使えるかどうかはオフィスの雰囲気によりますが、休日のスタイルをドレスアップしてくれる、便利なアイテムです。特に春や夏のスタイルにおすすめです。

<こんな着こなしもおすすめ!>

左は明るいグレーのジャケットを、ニットタイで引き締めたコーディネート。ブルーのワイシャツを選ぶことで、全体的に統一感を持たせています。
右のスタイルはジーンズと合わせて非常にカジュアルな雰囲気です。おしゃれなディナーやカジュアルなパーティーなどにおすすめのスタイルです。青色でアイテムが統一されているので、すっきりした印象になりますね。

2-4. ポケットチーフを加える

ビジネス使い回し度:★★☆
おしゃれUP度:★★☆

スーツ おしゃれ

フォーマルシーンで欠かせないポケットチーフですが、カジュアルシーンに取り入れることもできます。折り方を工夫すれば、結婚式やパーティーでも使えるような華やかな雰囲気を演出することができますし、カジュアルシーンのさりげないおしゃれとしても活躍してくれます。
ポケットチーフ用のハンカチではなく、普通のハンカチで代用しても問題ありません。

<こんな着こなしがおすすめ!>

左の着こなしでは、ネクタイとポケットチーフの印象的な色や柄を合わせたスタイル。ちょっと派手かな?と思えるような柄でも、ポケットチーフとネクタイを合わせると統一感のあるコーディネートをすることができます。
右の着こなしでは、ポケットチーフと眼鏡をポケットに一緒に入れることで、カジュアルな印象を与えています。スーツのジャケット、ネクタイ、ポケットチーフ全てが青みがかった色合いなので、すっきりとまとまっています。

2-5. ネクタイピンにこだわる

ビジネス使い回し度:★★★
おしゃれUP度:★★☆

タイバーやタイピンとも呼ばれるネクタイピン。地味で、年配の方だけがしているイメージがありませんか?
実は今ではおしゃれアイテムの一つとして使われています。本来のネクタイを留める役割だけではなく、おしゃれのワンポイントとしても人気です。様々な形状のものがあるので、お気に入りのひとつを見つけるのも楽しいですよ。

<こんな着こなしがおすすめ!>

上の画像はどちらも一般的なシルバーのネクタイピン以外のスタイルをご紹介しています。
左では金色に輝くネクタイピンが印象的。全体的に暗いトーンでまとめられているからこそ、その存在感が際立ちます。
右は珍しい木製のネクタイピン。グレーのジャケットとネクタイの柔らかい雰囲気と見事にマッチしています。

<ネクタイピンのつけ方>

ジャケットを着る場合は、ネクタイピンがジャケットの第1ボタンの上にちらっと見えるくらいの位置につけます。
夏など、ジャケットを着ない場合は、ワイシャツの第4〜第5ボタンのあたりにつけるようにしましょう。
方向は自分から見て右から左へ指すのが正しいつけ方とされています。
また、最近では第3ボタンの下あたりにネクタイピンをつけ、完全にジャケットを着ていても見えるようなつけ方も流行していますが、軽い印象を与えますので、ビジネスシーンでは避けたほうが無難でしょう。

2-6. ラペルピンをつける

ビジネス使い回し度:★☆☆
おしゃれUP度:★★★

ジャケットの襟の部分にあるボタンホール(フラワーホールとも呼びます)につけるアクセサリーのことをラペルピン、もしくはメンズブローチと呼びます。会社の社章をつけることが多い部分です。

ラペルピンは針を使用していて、スーツに穴を開けるのはちょっと…という方は、タップ式のメンズブローチを選びましょう。
ラペルピンなどを扱っているお店は東京でも限られるので、オンラインでの購入がおすすめです。

<こんな着こなしがおすすめ!>

シルバーやゴールドのラペルピンが一般的ですが、最近では他の質感のラペルピンも用意されています。
左はネクタイとポケットチーフと色合いを合わせたラペルピン。花のモチーフでパッと華やかになります。白っぽい全体的なコーディネートに立体感をつけています。
右ではワイシャツと同じ色合いの蝶ネクタイがモチーフのラペルピンです。本物の蝶ネクタイもおしゃれですが、さりげない蝶ネクタイもセンスがありますよね。

3. 2015年版おしゃれに見えるスーツ着こなし集

2015年の今だからこそ着たい!おすすめのスーツスタイルを3つご紹介します。ぜひ明日からのコーディネートに取り入れてみてくださいね。

流行色を取り入れたスタイル

2015年のトレンドカラーはマルサラ。ワインレッドに少し茶色を加えたような色合いで、イタリアのマルサラ地方で作られているマルサラワインが由来と言われています。

上のコーディネートはダークグレーのスーツに、マルサラのストライプタイとニットのベストを加えたコーディネート。Vゾーンにマルサラの割合を多くすることで、スーツ自体が少し赤みを帯びているような印象になっています。
流行に敏感なおしゃれ上級者な自分を見せたいあなたにおすすめのスタイルです。

オールグレーで洗練されたスタイル

スーツ全体のカラーとしておすすめなのはグレー。毎年秋冬の暗くなりがちなスーツスタイルを明るく見せる色としてグレーは人気のカラーですが、今年は特にネクタイもグレーで揃えた、オールグレーのコーディネートが人気です。

スーツの質感とネクタイの質感を変えることがコーディネートのポイントです。同色のアイテムを使用しても、質感を変えることで、全体の表情に変化が生まれます。

ネイビー × チェックで新しい定番スタイル

定番中の定番、ネイビーのスーツに飽きてしまったら、チェックを取り入れてみてはいかがでしょうか。ウィンドウペンと呼ばれる大枠のチェック柄はここ数年のトレンドで、新しい定番の柄として定着してきています。

ネクタイとポケットチーフが印象的なこのスタイルは、ネイビーとレッドをかけあわせた王道スタイルです。

4. 編集部より

以上、おしゃれなスーツの着こなし方についてご紹介しました。

仕事によっては、毎日スーツを着るという方もいるでしょう。コーディネートの選択肢が少なく、いつも同じようなスタイルになってしまうという方は、お伝えした12個のポイントのうち1つでもいいので取り入れてみませんか。

きっと今までとは違う、おしゃれなあなたに周囲の人も気がつくはずですよ。