スーツ 雨

大切なスーツが雨に濡れてしまった!どうしよう…急な雨でスーツが濡れてしまうことってありますよね。雨に濡れたあとは、素早い対処が大切です。

ほとんどのスーツの素材は水に弱いため、雨に濡れたまま放置しておくと、型崩れが起きたり生地の風合いが損なわれたりします。

逆に素早い対処がきちんとできれば、少々雨に濡れてもスーツは元どおりに乾きます。

今回は、雨に濡れたときにまずやりたいこと、また雨が原因でトラブルが起きたときの解決法を中心に、雨の日も快適にお仕事するコツをご紹介します。

1. スーツが雨に濡れたら必ずやっておきたいこと

雨に濡れたら必ず、できるだけすぐにやることをご紹介していきます。びしょ濡れになってしまっていても、まずは落ち着いて水滴を落とし、ハンガーにかけましょう。

1-1. タオルで水滴をはたく

スーツ 雨

雨に濡れたらすぐに、水滴をはたきます。手を使うよりも、タオルだと水を吸い取ってくれるのでおすすめです。ゴシゴシ拭き取るのは絶対にやめましょう。

ウールなどの動物性の素材は、水を吸うとキューティクルが開きます。このときに摩擦されると、キューティクルがぐちゃぐちゃに絡んで質感が悪くなってしまいます。

1-2. ハンガーにかけて干す

水滴を落としたあとは、ハンガーにかけます。湿気がこもったままだと他のトラブルの原因になるので、風通しの良い場所に干しましょう。このとき目立ったシワを伸ばしておくと、きれいに乾きます。

ジャケットのかけ方

スーツ 雨

ジャケットは、形に合った丸みのあるハンガーにかけて軽くシワを伸ばします。ハンガーの肩をかける部分にタオルを1枚かけてから干すと、スーツの内側にこもった湿気が取れやすくなります。

パンツのかけ方

スーツ 雨

パンツは濡れが激しい裾を下にして、パンツハンガーにかけて干します。びしょ濡れになってしまった場合は、パンツハンガーや洗濯バサミを使って筒状に干すと、乾きが早くなります。

2. 雨が原因のトラブルからスーツを救う

2-1. びしょ濡れになった

びしょ濡れになってしまったときも、焦って絞ったり洗濯機で脱水したりすると逆効果です。水滴をはたいて軽くシワを広げたら、「ハンガーにかけて干す」を参考にハンガーで陰干ししましょう。

2-2. 雨のにおいがする

スーツ 雨

ウールやモヘアなどの動物性の素材は、雨に濡れると本来の動物臭が強くなってしまいます。その上、湿気によって雑菌が繁殖してにおい成分を作り出します。

においがするときは、スチームを使ったお手入れや、ウェットクリーニング(特殊技術を使った水洗い)がおすすめです。

スーツのにおいの取り方が知りたい方は、「においの取り方」を参考にしてください。

2-3. パンツのセンターラインがなくなった

スーツ 雨

雨に濡れると湿気でパンツのセンターラインが薄くなってしまいます。アイロンをかける際、霧吹きやスチームを使ってシワを伸びやすくするように、水分は繊維の形を変えてしまうからです。

センターラインが無くなってしまったときは、「パンツのアイロンがけ」を参考に、アイロンでプレスしましょう。

2-4. 泥はねした

パンツの裾に泥が飛んでしまったときは、まずは乾くまで待ちます。泥が飛んでしまったからといって、ゴシゴシこすって落とそうとすると、繊維の奥に入り込んで取れなくなってしまいます。

泥は不溶性といって、水や洗剤などに溶けない物質なので、物理的に取り除くしかありません。乾いてから爪で弾くようにして泥を飛ばします。

残った泥もしっかり落とすコツ
泥が付いている部分の下にタオルを置き、洗剤を少しつけた歯ブラシでトントンとたたきます。
泥はねを防ぐ
泥はねしないように歩くには、足の裏全体を使います。足の一部だけで着地してしまうと、残りの部分に体重をかけていく過程で泥がはね上がってしまいます。足の裏全体でまっすぐに着地しましょう。

2-5. シミができた

雨に濡れた部分だけキューティクルが乱れて毛羽立ち、光の加減でシミのように見えることがあります。シミというよりは繊維の乱れのため、アイロンのスチームを当ててもう一度繊維を立たせて流れを整えてあげましょう。

スチームを使ったお手入れ方法は、「スチームを使ったお手入れ」で詳しくご紹介しています。

また裏地によく使われるキュプラは雨に弱いため、濡れた部分が縮んでシミのように見えてしまいます。裏地も濡れないように気をつけましょう。

3. 雨にも負けずきれいなスーツで過ごすコツ

3-1. はっ水加工をする

スーツに水を弾けるはっ水加工をほどこすことで、雨によるダメージを押さえることができます。

すでにはっ水加工がされたスーツの場合はドライクリーニングに出すと効果が弱まるため、クリーニング後はそのままクリーニング店にはっ水加工をお願いするか、ご自宅でもう一度はっ水加工をしましょう。

はっ水スプレーをかける
はっ水スプレーを使うと、ご自宅で簡単にはっ水加工ができます。ただしスプレーによって、スーツに使えるものと使えないものがあります。どんな素材に使えるかチェックしてから購入しましょう。

おすすめはっ水スプレー

レインガードは布専用のはっ水スプレーなので、風合いや通気性を損なわずに雨を弾いてくれます。

クリーニング店のはっ水加工コースを使う
はっ水スプレーの効果が長持ちしない、匂いが苦手という方は、クリーニング店ではっ水加工を頼むのもおすすめです。通常の料金に、50%程度の上乗せではっ水加工をしてもらえます。

3-2. 雨の日は水に強いスーツを着る

スーツは素材によって雨に強いものと、弱いものがあります。たとえば洗えるスーツは水に濡れても問題ありませんが、シルクやモヘアがウールと混紡されたスーツは、型崩れする可能性が高くなります。

お手持ちのスーツの素材を確認して、お天気に合わせてスーツを選びましょう。スーツの素材は、タグで確認できます。

スーツ 雨

ウール 洗濯すると縮んでしまいます。水分で繊維のキューティクルが開いて、摩擦されると、キューティクルがからまってしまうからです。
ウール混紡 ウールにモヘアやシルクが混紡された生地は、水に濡れたときの反応がウールと他の繊維で違うので、繊維と繊維の間にすき間ができて型崩れしてしまいます。
特にシルクの場合は濡れるとかなり縮むため、雨の日に着るのはおすすめしません。
綿 水に濡れても問題ありません。
リネン 水に濡れても問題ありません。ただ、色がリネンそのものの天然色(薄いベージュ)の場合は、何度も水に濡れると色が抜けていってしまいます。
ポリエステル 水に濡れても問題ありません。

表から分かるように、雨に濡れて困るのは基本的にウールなどの動物性素材です。特にモヘアシルクなどの高級素材とウールが混紡されたスーツは要注意です。

雨の日に着ていきたいスーツがないかも…という方は、いっそ水に濡れても大丈夫なスーツを買うと良いかもしれません。洗えるスーツは水に強いので、雨の日用のスーツにぴったりです。

【おすすめの洗えるスーツ】
AOKI|プレミアムウォッシュスーツ

アオキはスーツの量販店の中でも洗えるスーツに力を入れており、独自のシワがつかない技術や耐久性のある縫製技術を開発しています。色・柄・シルエットも豊富です。

コナカ|シャワークリーンスーツ

名前通りシャワーで洗えるスーツ。お風呂場でシャワーをかけるだけで洗えるので、洗濯機よりずっと簡単です。素材もウール80%・ポリエステル20%と他の洗えるスーツに比べてウールの割合が多く、柔らかい手触りや通気性を楽しめます。

4. まとめ

大切なスーツが雨に濡れてしまうと心配になりますが、きちんと乾かせば大抵きれいな状態に戻ります。急な雨でびしょ濡れになってしまったときも焦らずに、水滴を落としてハンガーにかけてくださいね。

それでも雨が心配な方は、スーツのローテーションを工夫して大切なスーツを雨から守りましょう。

今回の記事を参考に、雨の日も快適に過ごしてください。