スーツ ネクタイ

さまざまな色柄で、スーツの着こなしの幅を広げるネクタイ。スーツとネクタイの着こなしをもっと楽しみたくても、やり過ぎずにお洒落に見せるのは意外と難しいですよね。今回は、スーツ・シャツ・ネクタイを使ったおすすめコーディネートをご紹介します。

ご自身でいろいろな組み合わせを楽しめるように、着こなしのルールやシーンに合わせたコーディネートのコツなども併せてまとめました。お気に入りの着こなしを見つけて、明日からのスーツスタイルに取り入れてみてくださいね。

 

1. スーツ・ネクタイ・シャツをお洒落に合わせるコツ

まずはコーディネートのポイントをお伝えします。

1-1. 必ず押さえておきたいルール

スーツ ネクタイ

<合わせ方のポイント>
・ネクタイの長さはベルトにかかるくらい
・ネクタイの幅はラペルの幅に合わせる

スーツにネクタイを上手く合わせて、全体のバランスを整えるコツは、ネクタイの長さと幅に気をつけることです。長さはベルトに少しかかる程度、幅はスーツのラペル(下襟)と同じくらいがきれいに見えます。

おすすめのネクタイの幅は、現在主流の細身のラペルに合う7〜8.5cm。ネクタイの長さは、結ぶ位置で調整します。何度か位置を変えて結んでみて、自分のちょうど良い位置を見つけてくださいね。

1-2. シンプルにまとめる

スーツ ネクタイ

<着こなしのポイント>
・柄は1種類
・ネイビー・グレー・エンジを使いこなす

目上の人と会う際などシンプルにまとめたいときは、色柄は控えめにしましょう。柄は王道のレジメン(ストライプ)や地味な小紋柄がおすすめ。色は、ビジネスの定番色であるネイビー、グレー、エンジが基本です。秋冬はエンジの代わりにブラウンを取り入れて、季節感を演出するのも良いでしょう。

1-3. 柄で華やかに見せる

スーツ ネクタイ

<着こなしのポイント>
・柄は2種類まで
・印象の違う柄でメリハリをつける
・同色系でまとめると簡単

華やかに着こなしたいときは、柄を組み合わせるのがおすすめですが、必ず心がけたいのがメリハリ。似たような柄を組み合わせてしまうと、ごちゃごちゃに見えてしまいます。また、柄が3種類以上になると品良く組み合わせるのが難しいため、ビジネスシーンでは2種類に止めておきましょう。

上級者にはこれ!
一見難しそうな派手柄は、雰囲気の違うストライプやハンドトゥース(千鳥柄)と合わせるとバランスよくまとまります。ポケットチーフは、ネクタイと合わせるのが基本ですので、華やかなネクタイに負けないインパクトのあるものを選びましょう。

 

柄と与えるイメージ
同じ色のネクタイでも、柄によって印象は大きく変わります。柄を使いこなして、欲しかったイメージを手に入れてみてくださいね。

与えるイメージ おすすめシーン
スーツ ネクタイ 知的なできる男。基本に忠実。 目上の人と会うときや勝負の1日など、王道を外したくないとき。
スーツ ネクタイ 上品で誰からも好印象。 基本は抑えたいけれど、レジメンほど目立つ柄は気分ではないとき。小紋の種類は幾何学やフラワーなどさまざまなタイプがあるので、さりげない個性をアピールできます。
スーツ ネクタイ ドット柄が小さいものは品良く、大きなものはポップに。 存在感があるのにシンプルなため、着回しが効きます。柄スーツの定番、ストライプスーツと相性バツグンです。
スーツ ネクタイ カジュアルで親しみやすい お洒落を楽しみたいお仕事の日や、人と会う日。見慣れた柄のわりに合わせるのが難しいので、まずはスーツと同系色でまとめるのが良いでしょう。
スーツ ネクタイ 個性的なお洒落上級者 ビジネスシーンで少しカジュアルに着こなしたいときや、プライベートにおすすめ。スーツやシャツの柄と被りにくいため、意外と着回しが効きます。
柄無地 さりげないセンスが光る ビジネスシーンからプライベートまで幅広く使えます。さりげなくお洒落したい日や、スーツ・シャツを主役にしたいときにおすすめ。
スーツ ネクタイ 飾り気が無く控えめ ビジネスはもちろん、就職活動やフォーマルシーンまで幅広く使えます。冠婚葬祭にシルバーと黒を1本ずつ、普段のスーツスタイルにお気に入りの色があると良いですね。

1-4. 色でセンスをアピール

スーツ ネクタイ

<着こなしのポイント>
・色は3色までに抑える
・アクセントカラーを使いこなす

お洒落に見せたいときは色使いを工夫すると、シンプルなのにインパクトのある胸元が作れます。おすすめは赤系と青系を上手に組み合わせることです。

上級者にはこれ!
「ネイビー × イエロー」、「ブラウン × ブルー」の色合わせがお洒落な着こなし。明るい色のスーツは色を引き立てようと他の色をシンプルにコーディネートすることが多いですが、相性が良い色を2つほど組み合わせることで、よりセンス良くまとまります。

 

色と与えるイメージ
さまざまな色を楽しめるネクタイですが、あまりの種類に迷ってしまうこともありますよね。ネクタイの色選びの参考にどうぞ。

与える印象 おすすめシーン
青色 礼儀正しい、信頼できる。 目上の人と会うとき、大切な商談など。
水色 爽やか、知性がある。 若さをアピールしたいとき。
赤色 力強く、外交的。華やか。 情熱を感じさせたい勝負の日や、デート。
ピンク 優しい、気配りができる。 女性とのコミュニケーションを円滑にしたい日。甘え上手になりたいとき。
黄色 明るい、親しみやすい。 初対面の人と会う日。発言力が欲しいとき。
緑色 穏やかで話しやすい。 相手を安心させたい日、トラブルを避けたいとき。
ブラウン 堅実、落ち着きがある。 心身を安定させたいとき、大人の余裕を感じさせたい日。
グレー 慎重で冷静沈着。 交渉など、感情を読まれたくないとき。クールな人と思われたい日。

2. 手持ちのスーツに合うネクタイと着こなし

ここからはお手持ちのスーツに合わせたいネクタイを、シーン別にご紹介します。1着のスーツも、ネクタイやシャツの組み合わせ次第で、さまざまな印象を楽しめます。いつもとは一味違う胸元の着こなしを、探してみてくださいね。

関連記事:まずはスーツの着こなしの基本を知りたい方はこちら。
「スーツの着こなし術|さりげなくセンスの良さをアピールするコツ」

2-1. ネイビースーツを引き立てる

華がありながらも、誠実さを感じさせるネイビースーツは、ビジネスマンがまず手に入れたい1着。そんなネイビーの魅力が引き立つネクタイを選ぶのがベストです。

好感度No.1な王道スタイル

スーツ ネクタイ

<王道スタイルのポイント>
ネクタイの色:ネイビーまたはレッド。
ネクタイの柄:レジメン(ストライプ)または控えめな小紋柄。
シャツ:白の無地。

大切な商談やプレゼン、目上の人との会食など、ここぞという勝負の日に取り入れたいスタイル。基本に忠実なスタイルで好印象を与えつつ、はっきりした色柄で仕事ができることをアピールしましょう。若さを感じさせるので、新入社員の方にもぴったりです。

こんなネクタイもおすすめ

ネイビーやレッドのレジメン(ストライプ)、または小紋柄は、持っておくといざというビジネスのフォーマルシーンで困りません。チェック柄はレジメンなどに比べてカジュアルな印象ですが、写真のように柄が細かく色数も少ないものなら品良く見えます。

最後に全身をチェック
迷った朝に立ち返りたい、王道の着こなしの完成です。

センス良く見えるブルー × グレー

スーツ ネクタイ

<センス良く見せたいときのポイント>
ネクタイの色:グレーまたはシルバー。
ネクタイの柄:何でもOKだがドットや小紋柄がおしゃれ。
シャツ:サックスブルーまたは白。

品良くおしゃれに装いたいときは、グレーネクタイを選びましょう。モノトーンなので、ネイビースーツの美しい色合いを上手に引き立ててくれます。シャツはブルーを選んでスーツとグラデーションでまとめるのも、白でシンプルに決めるのも良いですね。

こんなネクタイもおすすめ

グレーのネクタイは、どんな柄でも大人っぽく見えるのがポイント。少し派手かな?と思うようなドット柄や、可愛らしい花柄なども気軽に挑戦してみてくださいね。

最後に全身をチェック
大きなチェック柄のスーツもグレーのネクタイを合わせれば上品に仕上がります。

カラーネクタイで華やかに

スーツ ネクタイ

<華やかな色を取り入れるときのポイント>
ネクタイの色:鮮やかな色。
ネクタイの柄:レジメン(ストライプ)や小紋柄など定番の柄が使いやすい。
シャツ:白やライトグレーが合わせやすい。

アフター5に予定がある日など華やかな着こなしが気分のときは、カラーネクタイを主役にコーディネートしましょう。鮮やかな色が引き立つように、スーツやシャツの色柄を控えめにまとめるのが、やり過ぎないポイントです。

こんなネクタイもおすすめ

ピンクや黄色などのアクセントカラーは、柄にブルー系が入っているとネイビーのスーツとよく馴染みます。同色系の水色は、明るいパステルカラーの中でも合わせやすく、初心者の方におすすめです。

最後に全身をチェック
女性とのコミュニケーションも弾みそうな優しい着こなしに。

控えめな柄でシックに

スーツ ネクタイ

<シックにまとめるときのポイント>
ネクタイの色:ブラウンやパープル、シルバーなどの大人っぽい色。
ネクタイの柄:ソリッド(無地)や、織り柄、細かいドット柄など。
シャツ:白、サックスブルー。クレリックシャツも◎。

大人っぽく見せたい日は、色柄は控えめにシンプルにまとるのがおすすめです。それでは物足りないと感じるときは、シャツをクレリックシャツに変えて、ネクタイとの色合わせを楽しみましょう。

こんなネクタイもおすすめ

完全な無地で光沢のあるものだとパーティースタイルに見えてしまうので、マットなものや細かい柄が入ったものの方がビジネスには適切です。繊細な柄のネクタイは高級感や貫禄を感じさせるので、少し派手なスーツの印象を抑えたいときにも使いたいですね。

最後に全身をチェック
大人なビジネスマンにふさわしい、品格を感じさせる装いです。

2-2. グレースーツで色合わせを楽しむ

どんな色とも上手く馴染むグレースーツは、シャツやネクタイのコーディネートをもっとも楽しめる1着と言えます。グレースーツに映える、お気に入りのネクタイを見つけたいですね。

赤ネクタイで熱意をアピール

スーツ ネクタイ

<このスタイルのポイント>
ネクタイの柄:レジメン(ストライプ)などの定番の柄。
シャツ:白の無地。

スマートな雰囲気を醸し出すグレースーツと、情熱的な赤いネクタイは相性抜群。お互いの色の良さを引き立てて、バランスの良いコーディネートが完成します。ネクタイのインパクトが強いので、シャツは白の無地などのシンプルなものを選ぶのがポイントです。

こんなネクタイもおすすめ

鮮やかな赤が引き立つ、シンプルで潔いデザインがおすすめです。無地に近い控えめな柄は華やかな柄のスーツに良く合い、意外と活躍シーンの多い一本です。定番のレジメン(ストライプ)と合わせて持っておきたいですね。

最後に全身をチェック
潔い勝負スーツスタイル。ポケットからチラっと覗く、柄もののポケットチーフが良いアクセントになっています。

寒色系でまとめて爽やかに

スーツ ネクタイ

<シックにまとめるときのポイント>
ネクタイの色:グリーンやブルーなどの寒色系。
ネクタイの柄:ドット柄やペイズリー柄など遊び心のあるもの。
シャツ:白。

グレースーツの知的な印象を引き立てるのは、寒色系の爽やかなネクタイ。あえてポップな柄を選んで、適度に親しみやすさを添えたいですね。シャツは白や淡いグレーのストライプが入ったものなど、全体の優しい色味を邪魔しないものにしましょう。

こんなネクタイもおすすめ

淡い色から鮮やかな色までどんな色のトーンにもマッチするのは、中間色のグレーだからこその魅力。特に、ダークグレーのスーツには淡い色、ライトグレーのスーツには鮮やかではっきりした色を選ぶと、メリハリがつきます。柄は、グレースーツの上品さを引き立てる、細かく繊細なものがぴったりです。

最後に全身をチェック
爽やかで好感度の高いコーディネート。色数は4つも使っているのに統一感があるのは、1色が中間色のグレーであることと、青と水色の同色系でまとめているためです。

ダークカラーでスタイリッシュに

スーツ ネクタイ

<シックにまとめるときのポイント>
ネクタイの色:黒やブラウン、ネイビーなどの濃い色。
ネクタイの柄:柄が入っていれば何でもOK。
シャツ:白、ピンク、サックスブルー、ライトグレーなど。

柔らかい印象の明るいグレーのスーツは、ダークな色のネクタイで全体を引き締めるとすっきり見えます。さらにネクタイの強さを引き立てるために、シャツもパステルカラーでまとめるのも良いでしょう。

こんなネクタイもおすすめ

黒の完全な無地のネクタイは、フォーマルシーンを連想させるため、柄が入ったものを選びましょう。分かりにくいですが、右の写真のネクタイにはストライプが入っています。

最後に全身をチェック
柄 × 柄の組み合わせも、すべてモノトーンでまとめるとすっきり着こなせます。

2-3. ブラックスーツで男らしく

ブラックスーツにネクタイを合わせるときのポイントは、黒の強さに負けないこと。その強い印象を和らげるのも、際立たせるのも着こなし次第なので、気分に合わせて使い分けてくださいね。

誠実そうに見せたい

スーツ ネクタイ

<誠実さを見せるときのポイント>
ネクタイの色:ネイビーまたはグレー。
ネクタイの柄:小紋柄またはレジメン(ストライプ)。
シャツ:白の無地。

就職活動でも定番の黒いスーツは、真面目で実直な印象を与えます。コントラストの強い色なので、ネクタイの柄は小紋柄などの繊細な柄を合わせて、柔らかさをプラスしましょう。

こんなネクタイもおすすめ

ネイビーやグレーの控えめな柄のものがおすすめです。赤もネクタイの定番色ですが、黒いスーツに合わせると派手すぎてしまうので、誠実さを見せたいときは向いていません。

最後に全身をチェック
少し青のネクタイの色が強過ぎるように見えますが、同じく強さを感じさせる黒とのバランスが良い着こなしです。

 

フレッシュさをアピール

スーツ ネクタイ

<フレッシュに見せるポイント>
ネクタイの色:青、緑、黄色などの爽やかな色。
ネクタイの柄:どんな柄でもOK。
シャツ:サックスブルーまたは白。

ダークな色で少し重たい印象になりがちな黒いスーツですが、シャツとネクタイ次第で爽やかに着こなせます。お洒落に見えるおすすめシャツは、サックスブルー。黒いスーツに白シャツは無難ですが、少しコントラストが強くなります。爽やかな色のネクタイと、ダークなスーツのバランスを取るサックスブルーをぜひ取り入れたいですね。

こんなネクタイもおすすめ

はっきりした色のブルー系ネクタイか、ブルーと相性の良い黄色のネクタイがおすすめです。黄色のネクタイを選ぶときは、ブルーが少し入っているものを選ぶと全体が上手くまとまります。

最後に全身をチェック

淡いブルーのシャツが黒とグリーンを上手くまとめたフレッシュな着こなし。実はシャツとチーフは細かいチェック柄になっていて、細部へのこだわりを感じさせます。

 

インパクトある胸元を演出

スーツ ネクタイ

<インパクトある着こなしのポイント>
ネクタイの色:黒に負けない鮮やかな色。
ネクタイの柄:大きめのチェック柄やドット柄など大胆な柄。
シャツ:白、またはネクタイと同系色。

華やかに装いたいときは、黒スーツの強さに負けないくらいインパクトのあるネクタイを選びましょう。どう合わせるのだろう?と悩みがちな派手なネクタイも、意外とバランスよくまとまります。

こんなネクタイもおすすめ

華やかな色柄のネクタイならお好みのもので良いですが、チェック柄などのポップなものは真面目な印象のブラックスーツとよく合います。逆にお葬式のように見えてしまう、黒がベースのネクタイは避けておきましょう。

最後に全身をチェック
インパクトある色同士が組み合わさって、逆にバランス良くまとまった着こなし。パーティーなどのプライベートにもおすすめです。

2-4. 結婚式にふさわしい装いに

結婚式のスーツスタイルのポイントは、マナーを守りつつもお祝いの日らしい華やかさを添えること。日頃のビジネススーツも華やかなネクタイ1本で、パーティー仕様に一変します。ぜひ取り入れてみてくださいね。

関連記事:結婚式の着こなしが知りたい方はこの2記事がおすすめ。
「結婚式のスーツ選び|お祝いの日にふさわしい着こなしのコツ」
「結婚式のワイシャツ選び|ルールを守っておしゃれをする5つのコツ」

明るく優しい印象に

スーツ ネクタイ

<優しい着こなしのポイント>
ネクタイの色:ピンクやホワイト、ラベンダー、イエローなど。
ネクタイの柄:どんな柄でもOK。
シャツ:白が基本。控えめな柄ものや、サックスブルーなどのパステルカラーも◎。

お祝いムードが盛り上がる明るい色柄は、結婚式にぴったりです。ポケットチーフも添えて、華やかに着こなしましょう。

関連記事:ポケットチーフの折り方やコーディネートが知りたい方は、こちら。
「結婚式でお洒落に決まるポケットチーフの折り方と着こなし方」

こんなネクタイもおすすめ

パステルカラーは少々派手な柄でも目立ち過ぎないため、さまざまな柄を楽しめます。ビジネスやプライベートなお出かけなどでも使えるので、1本用意しておきたいですね。女性からのウケもきっと良いはずです。

最後に全身をチェック
優しく華やかなスーツスタイルの完成です。

 

爽やかにセンス良く

スーツ ネクタイ

<爽やかに見せるポイント>
ネクタイの色:パステルグリーンやブルー。
ネクタイの柄:遊び心を感じさせる柄。
シャツ:白、控えめな柄もの。

結婚式らしくとはいえ、シルバーは被るし、ピンクは可愛すぎる…そんな方はグリーンやブルーでお洒落に決めましょう。ビジネスにも大活躍な色なので、お気に入りのものを手に入れたいですね。

こんなネクタイもおすすめ

間隔の空いたレジメン(ストライプ)や、花柄など、普段のビジネススタイルよりも個性を感じさせるデザインがぴったり。パステルカラーの柔らかい雰囲気が、柄の個性を主張しすぎずに上手くまとめてくれます。

最後に全身をチェック
そのまま会社にも行けそうな、活躍頻度の高いコーディネートです。スーツの色がこれ以上薄いグレーになってしまうと、新郎のスーツと被る可能性がありますので注意しましょう。

 

式にふさわしくフォーマルに

スーツ ネクタイ

<改まった着こなしのポイント>
ネクタイの色:基本はシルバー。グレーやベージュなども◎。
ネクタイの柄:繊細なドット柄や小紋柄など控えめなもの。
シャツ:白の無地。

結婚式に親族や上司などとして参加する際など、フォーマルに装いたいときは、シルバーのネクタイがおすすめです。以前は結婚式といえば白無地のネクタイでしたが、最近は時代遅れに見えてしまいます。白ネクタイを選ぶ際は、柄が入ったものにしましょう。

こんなネクタイもおすすめ

シルバーやグレーの控えめな柄のものがベストです。一見無地に見えるような細かい柄のものでも入っていると、さりげないセンスや奥行きを感じさせます。シルバーは定番なので、他のゲストと被ってしまわないためにもおすすめです。

最後に全身をチェック
大切なハレの日にふさわしい、格式を感じさせる装いです。シンプルな着こなしに、胸元のスリーピークスに折ったポケットチーフが効いています。

3. 編集部のおすすめネクタイ

たった1着のスーツでも、シャツとネクタイの組み合わせ次第で、たくさんのアレンジが可能です。さまざまなネクタイを合わせて、新しいスーツスタイルに挑戦してみてくださいね。

最後に、持っておきたいおすすめネクタイを4種類ご紹介します。

スーツ ネクタイ

シルクネイビーホワイトレジメンタルネクタイ(3,900円)

王道中の王道のデザインだからこそ、上質なものを持っておきたいですよね。プレゼントにもおすすめです。

スーツ ネクタイ

シルクレッドネクタイ(3,900円)

勝負の日に締めたい1本。目立つ赤色だからこそ、小紋柄や織り柄などのシンプルなデザインがおすすめです。

スーツ ネクタイ

シルクグレンチェックネクタイ(3,900円)

カジュアル感のあるチェックネクタイもグレートーンなら品良くまとまります。

スーツ ネクタイ

シルクサーモンピンクレジメンタルネクタイ(3,900円)

顔映りが良い華やかな色のネクタイは結婚式やパーティーにぴったり。レジメンタルなので、ビジネスシーンにも使い回しやすいです。